私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

野球観戦

行って来ました! 日本シリーズ

IMG_8637.jpg

クライマックスシリーズをTV観戦した後、やっぱり行きたいね~と、
チケット申し込みしてました。

こんなことはなかなかないぞ!もしかしてもう見れないかもしれないなどと言っていたら、
まあそんなこと行っても見に行くまではいかないだろうと思っていた息子まで行くことになり、
ひっさびさの家族4人での野球観戦です。

早めに行っても飽きちゃうかもしれないから、始まる頃でいいか。と、
ゆっくりめに出発したら、なんとなんと車のエンジンがかからないどうなるの~
とあせりましたが、なんとかエンジンもかかり出発!
途中少し渋滞していたので、ついたころには試合も始って熱気ムンムンです。

やっぱり生で見ると違いますね。
周りは歌って応援だし、三塁側だったので、後ろの人は中日攻撃になると
立って歌って

ゆっくりごはん食べながら観戦するつもりで、お菓子もしっかり用意してきたのに、
見る方に夢中で、食べるのもそこそこに観戦です。

結果は、7対1でロッテの勝利。
楽しかった~

IMG_8575.jpg

息子も楽しかったみたい
娘も、前より少しわかっておもしろかったって。

もしかして次は胴上げ見れちゃうかも~~

実はマリンスタジアム最終戦も見に行きます。
今度は早めに行ってゆっくり観戦しようね

IMG_8640.jpg



小旅行気分


夏の終わりに行った海、銚子だったのですが、
今度は銚子一周しようということで、(結局行くところは変わらないんだけどね

ちょっと前になりますが、また行ってきました。
今回は息子も、麦ちゃんも一緒、久しぶりのみんなそろってのお出かけです。

IMG_8354.jpg

麦ちゃんがいるので、二組に分かれて、順番にお昼を食べたりぶらぶらしたり。
この前行けなかった灯台の反対側にも行ってきました。

IMG_8316.jpg

昔より海が近くなってるとは思ってましたが、数年前まで行けてたはずの遊歩道が通行止めになっていたりして、すぐ下のあたりにしか、行けなくなってました。
それでも麦ちゃんを引きつれて岩場を行ったり来たり。

IMG_8336.jpg

今日はずいぶん荒波です。

IMG_8346.jpg

みんなそろったところで、今度はこの前行った反対側へ
ごろごろ転がる石の上を、ずんずん行こうとすると、波にさらわれそうでドキドキしちゃうからもうその辺で。と息子に…

初めは波から離れて見ていた息子も、砂浜の方に行ったら少し慣れてきたみたいで、波打ち際まで行ってました。

ずいぶんここでのんびりしてましたが、そろそろ次に行こうか~

海ってちょっと怖いけど、楽しいね。
IMG_8357_20101013134352.jpg

私が今回行きたかった所は、地球の丸く見える展望台。
この前帰る時にすごく見晴らしのいいところを通っって、ちょっと感激!
『地球の丸く見える展望台』が近くかも。

ということで行ってみました。
はっきり言って名前は聞いたことあったけど今まで心ひかれなかったのです
抱っこだったらペットもOKということなので、麦ちゃん抱っこして上へ。
逆光になっちゃいましたが、東洋のドーバーと言われる屏風ヶ浦です。
IMG_8370.jpg
こんな感じでぐるっと見渡せます。
周りはほとんど海、思いのほかきもちいい。
またしばしぼんやりと過ごします。

先に降りた娘と、男チームは食べるかわからないから、先にソフトクリーム食べちゃおうか。
なんて言いながら、このちょっとさびれた雰囲気には似合わないさわやかかっこいいお兄さんにソフトクリームを受け取り、お兄さんもかっこいいし、ソフトクリームもおいしいね、なんて待っていると、
なんと!お父さんが買ってくれたよと、4人分のアイスを持つ息子が登場
まさか買ってくれるとは思わなかった…
しばし呆然…。困っちゃったけど、びっくり大笑いでした

すごい観光地とか行っていろいろ回るより、こんなところでのんびりゆっくり回る方がうちにはあってるかもね、なんて話しながら帰りました。

待つ人のいない家へゆっくり到着すると、キンモクセイの香りが漂ってました。
もう秋ですね。






これで満足

八月の終わり。

義母に会いに行った後、おいしいお魚も食べたいし、ちょっとだけ海にも入りたい
ということで、少し足を延ばして行ってきました。

IMG_8201.jpg

ちょっと豪華な遅めのお昼。
これにでっかいホタテのバター焼きと、煮魚も付いて1人前。
そんなに食べれるかな?と旦那さんと半分ずつにして正解でした。
おなかパンパン

IMG_8188.jpg

娘の頼んだあんみつ。おなかいっぱいなのに、これもちょっと頂きました。
さすがに夜ごはんは入りませんでした

IMG_8189.jpg

ちょっと移動して今度は海へ。
昔はもっと浜辺も広かったはずなのに、地球温暖化の影響でしょうか?
ずいぶん狭くなってしまいました。

あまりにも狭いところは急に波が来てずぶぬれになりそうなので、
比較的緩やかな所へ移動。
まだまだ暑い頃だったのに、海の水は思ったよりずいぶん冷たい。
足だけじゃぶじゃぶ。

お留守番の麦ちゃん&息子のことも気になりながら短い時間でしたが、楽しかった。
今年は海水浴は結局行かなかったけど、これでちょっと満足かな?
この短い時間ながらも、娘はスケッチまでして楽しかったみたい。


IMG_8202.jpg

波に追われながらあわてて撮れた1枚。

IMG_8217.jpg

話の話

IMG_7930.jpg

子供たちが絵を教えていただいているOさんが見てこられて、
一枚一枚の原画とかはなかなか良かったんだけど
アニメーション見たらすごく退屈で~
と言っていたので、すごく退屈って、どんなだろうね?
なんて興味で子供たちと見に行ってきました。

話の話 ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ

h1.jpg

昔話をアニメーションにした子供向けのものから、アートな感じのものまで

兎とキツネの話の絵などは、周りの装飾や背景などけっこうかわいい。
かわいいね~なんて言ってる間に、アニメーションを見る時間になりました。

平日なのに満員。結構な人気の様です。
私たちが見たプログラムは先に見ていた兎とキツネも入っていたもので、静かだけれども見やすいものが多かったみたい。
でも、見終わってからこっそり、Oさんの退屈だって言ってたのあれだね
多分もう一個のプログラムの方かもね。
確かに私も何度も寝そうに
動きとか細かく次にどうなるか気にはなるのだけれど、細かすぎてなかなか話が進まないのです。
アニメを見終わって展示を見たら、まだ途中で、その後なんだかすごいお話になっているみたいでした。
このアニメは作り始めて何十年かたっているのにまだ途中だとか…

でも、ささっと描いた様なデッサンとか、
アニメにするために背景などを五枚ぐらい重ねたものなどけっこうおもしろかったです。

今回見た中では、霧の中のはりねずみがかわいくておもしろかったかな

もうひとつのプログラムの整理券を取るのに並んでいた小さい子の声を聞きつつ
あの子は最後まで見れないだろうね、などと要らぬ心配までしてしまう私たちでした。


きりのなかのはりねずみ



帰りは三人で久々の外食
またまたこちらも平日なのにけっこう駐車場が混んでいて、うまく入るかかなりドキドキでした。
最近は平日でも意外とどこも人がいる気がするのですが、気のせい?
場所柄かな~?
右奥に江の島がかすんで見えてます。


IMG_7937.jpg

ポンペイ展

先日息子と『ポンペイ展』に行ってきました。

sIMG_7862

今から2000年ほど前にベスビオ火山の噴火で、一昼夜にして火山灰に埋もれてしまったポンペイとその周辺の町
その遺跡から、当時のくらしが垣間見れます。

平日にも関わらず、結構な人がいました。
はじめの展示室から混雑しているので、
とりあえず比較的すいていそうな後半の展示室から見てみました。

まずはじめは、今回の話題の一つでもある、お風呂。
給湯器付きの大理石のお風呂。
蛇口から、お水や。お湯が出てくる。しかも追いだき機能まで!!
その給湯器からは、床下暖房も出来る仕組みになっているとか…
はじめからびっくり。

日々の食器や、飾り物。ずいぶん細かい細工になっています。
足付きのものは、ライオンの足になっていたり、ところどころに顔がついていたりと、
おもしろい。

医療器具などもありました。
尿管結石を取る時に使ったものではないか?という先のとがった細い金属の棒
昔からあったんだ~と共に、ひゃ~こんなので取ってたの?恐ろしい…

豪華な庭の飾りの数々。
いろんなところにクピド(天使かな?)が描かれてます。

前半に戻り、部屋の壁画や、当時の娯楽の一つ。剣闘士の脛当てや、そのころ贈り物によくつかわれていた
という、人気剣闘士のフィギュアなど。

なかなか興味深く面白かったです。
壁画には神様や、楽園の様子が描かれているものが追いのですが、
当時の人はそういうものに囲まれて、今いる所を楽園と思いたかったのではないか?
などと書かれていました。
こういうところに住んでいたのは、お金持ちの富裕層の人たちで、
これでもかというほどの贅沢な空間にいながら、さらに楽園をめざすってなんだかすごいと思っちゃいました。

いろんな絵や像があるのですが、息子いわく、
なんでほとんど裸なんだろう?
確かに、けっこうみんな丸出しだったり、
なぜか、柱の様な台の上に、ブロンズ像の様な顔が乗り、
その柱に彼の大事なところだけくっついていたりと…
ちゃんと説明読んだら書いてあったのかな~?
今より隠すという意識がない時代だったのかな?なんて思ったりもしました。

それよりなにより、日本では弥生時代。
まだ卑弥呼出てこないような時にこちらではこんなにいろんなことが
発達していたんだと思うと、驚きです。

そのあと常設展

絵具を塗りたくった(よくわからなくてすみません)様な作品を見ては
こんなのでもいいんだ~なんて言ったり、
ダリなどのちょっと不気味な作品の集まった部屋には夜一人で居たくないねなんて言ったり、
ポンペイ展もこのぐらいの人だったらいいのにね~なんて言いながら
のんびり見て回りました。