私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

まりーちゃんとひつじ

まりーちゃんとひつじまりーちゃんとひつじ
(1956/12)
フランソワーズ、与田 準一 他

商品詳細を見る


ひつじのぱたぽんに、赤ちゃんができたら・・・と、どんどん想像をふくらますまりーちゃんと、
みどりのはらっぱと、おひさまだけで充分よというぱたぽんのやりとりが、かわいらしい本です

他もう一遍


ぱたぽんに赤ちゃんが、生まれたら、その毛を売って好きな物が買えるはね。
2ひきうまれたら、3びきうまれたら、と、どんどん夢が膨らむまりーちゃん。
ぱたぽんは、でも、みどりののはらと、きらきらひかるおひさまがあれば、それでいいんですよ
と言います。
そのなんともほのぼのとしたやりとりが、とてもかわいらしくて、
温かい気持ちになります。
絵もほんわかして、かわいいです。

ただちょっと・・・
この本の表紙が、もう一遍入っている『まりーちゃんのはる』の絵になっていて、
しかも泣いちゃっているし・・・
『まりーちゃんとひつじ』のイメージとは、違うので、ちょっとがっかりなのです。

先日、以前とっても刺繍がしたくなり、
このまりーちゃんを刺繍して、手提げにしたのですが、
その刺繍を見て、「これまりーちゃんじゃない?」
と初めて気付いてもらえました。
まりーちゃん知っている方に会うこともあまりないので、うれしかったです~
こちらです
006_20071203172515.jpg
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/96-5f441d41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。