私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

プリシラ

プリシラプリシラ
(2007/07/27)
テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィーヴィング 他

商品詳細を見る

それぞれ、悩みを抱え、それぞれの生き方をしてきた3人のゲイ達。
オーストラリアの砂漠の真ん中のリゾートホテルで、ショーをするために、
バスに乗って旅をする


なんかね。これとっても良かったです。
歌に合わせて口パクで踊るショーも、なんだか良かったし、
衣装も、ぶっ飛んじゃってカラフルで、元気が出ます。
あのビーチサンダルのドレスなんて(^◇^)
でも、ドタバタのお笑いとかではなく、
ヒューマンドラマです。

始めのギスギスした感じも、旅を続けるうちに薄れていって、
それぞれの悩みも、少しづつほぐれていく。
行く先々で、かなり偏見の目で見られながらも、
それでもたくましく笑い飛ばしながら生きていく姿に元気をもらいます。
劇的に変わるわけでは、ないけれど、
それぞれの悩みを解消し、
また同じだけれど、今までとちょっと違う日常に戻って行くんです。

そのままでいい、ありのままでいいんだよということなんだよね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/80-a4bc5c47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。