私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

裸足の1500マイル

裸足の1500マイル裸足の1500マイル
(2005/07/16)
エヴァーリン・サンピ、ローラ・モナガン 他

商品詳細を見る


オーストラリアの先住民のアボリジニの隔離政策に従い、白人との混血児である3人の少女が、母親と引き離され、収容所に送られます。
ここは、嫌、家族に会いたいと思う彼女たちは、そこを抜けだし、1500マイル離れた家族のもとへ歩いて行くのです。


実話をもとにした映画だそうです。

涙涙の感動作でなく、この女の子の、生きる強さみたいなのが、すごく、すごく感じられて良かったです。


この混血児達を隔離しようとしているのは、
もちろん白人です。
アボリジニ達は、原始的な生活をしているので、かわいそうだから、
教育をさせることが、必要で、それが、助けることになる。
と思っての政策の様です。が、これにかぎらず、
世の中って、強い(と思っている)者たちが、自分たちの価値観が正しいと思いこんで、
自分たちより劣っていると思うものを助けようとする。
でも、はたしてそれが良いことなの?
相手は、それを望んでいるの?

こんなに大きなことでなくて、自分の身の回りでもそういう事って
良くあることなのかも知れない。
私自身もそういうことをしているかも。
いつも、ちょっと違う視点で見られる自分を作っておかなくちゃな。



スポンサーサイト

Comment

テルさん
見ましたよ!!
見た後に、こんなことがあっていいのか~!!と、久々怒りモードになってました。v-412
でも、嫌な感じじゃないんです。
あの子達に、勇気と、元気をもらった感じです。
沖縄から、稚内ですか(゜o゜)その半分ぐらいかと思ってました。
あの砂漠の中を歩いて来るなんて・・・
そうですね。その後も、連れ去られて戻ってきたと言ってましたよね。
もうすごいです。

おススメ着々と見ています。(^◇^)
また教えて下さいね。
2007.11.06 22:20 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
あ、見られたんですね!!
v-10v-10すいかです!

私も衝撃を受けた映画なんですよ~v-12

あの砂漠、すごいでしょう。
1500マイルを歩くって、2400kmですよ。
本州はみだしますよね。(↑稚内から那覇の距離だそう)
しかも灼熱の砂漠。。
しかも、確か彼女、2回か3回、つれもどされては、また戻るんです。

あの家族を引き裂くシーンでは、私は胸がつまってしまいました。。
ありえますか。自分の子どもを突然、人がさらっていってしまうなんて。。

4年前に劇場で見たので、細かい部分は忘れてしまったんですが
最後に出ているアボリジニのおばあさん、80何歳かになった主人公の本物なんです、確か!

2007.11.06 17:47 | URL | テル #SVqLzQOU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/77-17caa936
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。