私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

4月に読んだ本

4月の本で、ちょっとうれしかったのは、
「MINIATURE LIFE 」
前に本屋さんで見かけて、
結構好きだけど、買う!かな~~?
どうしよう?と思って、
前面に出ていたし、また次も出会えるだろうなんて思っていたら、
次に行ったときにはもうなくなっていて、名前も憶えてなかったから、
本屋さんに行くたびに探したのだけれど、出会えなくって、
ようやく出会えたので、その嬉しさと、思いで、手元に置くことにしました。
時々めくりたくなる本です。

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1212ページ
ナイス数:28ナイス


今日もごちそうさまでした今日もごちそうさまでした感想
角田さんの食べ物に関するエッセイ。
料理というよりも、食材に関すると言う感じ。
今まで、偏食は困るな〜というのが実感でしたが、そればかりかではないかも。
大きくなって、初めて食べた、食べられて、美味しかった時の感激は他の人以上ですものね。
私も、初生椎茸食べた時の美味しい〜!の感激は未だに覚えてます。
それにしても、今回のでは、特にすごく正直な人だと思いました。
私は少し取り繕っちゃいそう。

読了日:4月11日 著者:角田光代


藤森照信×山口晃 日本建築集中講義藤森照信×山口晃 日本建築集中講義感想
もうちょっととっつきにくい感じかな?と思ったけれど、 お二人のやりとりや、専門家としての目の付け所がおもしろい。 合間合間の山口氏の漫画もホッと一息な感じで、楽しめました。 ほとんど行ったことないところなので、 自分がどんな風に感じるのか、見に行きたくなります。


読了日:4月26日 著者:藤森照信,山口晃


杏のふむふむ (ちくま文庫)杏のふむふむ (ちくま文庫)感想
連ドラ見てから好印象を持ったので、 この本が出た時の書評を見てから気になっていたので、 こちらも読んでみました。 前に読んだ往復書簡の本でもそうだったけれど、ちゃんと生きてる方だな~という印象。 「ふむふむ」というのが、うつった感じです。


読了日:4月26日 著者:


真鶴真鶴感想
主人公の独白で語られるおはなし。 ついてくるものが見えたり不思議な感じなので、怖い話なの?なんなの?と 気になって読んでしまったが、結局あまりすっきりせず…。


読了日:4月27日 著者:川上弘美


MINIATURE LIFE ミニチュアライフMINIATURE LIFE ミニチュアライフ感想
模型に使われている様な人達をいろんなところに置いて見立てた様な写真集。 この見立て方が、なんともいい感じ。 小さい人形好きなので、ツボにはまりました。 子供たちが、毛布を山に見立てて人形で遊んでいたのを思い出します。 普通には売ってなさそうな人たちもいますが、作ってるのかしら? 気分転換に時々眺めようと思います。


読了日:4月27日 著者:MINIATURECALENDAR

読書メーター

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/611-2081e6d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。