私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

チムとゆうかんなせんちょうさん

こどもの学校で、本読みをしてきました。
今日は3年生

チムとゆうかんなせんちょうさん / エドワード・アーディゾーニ、せた ていじ 他

20070702233440.jpg


を読んできました。


この本は、我が家でもみんな大好きです。
今は、シリーズで、11冊でていますが、

ゆうかんなせんちょうさんが、一番初めです。

船乗りになるのが夢で、船が大好きなチムですが、まだ小さいからと、両親には、船乗りになることを反対されていますが、船に密航することになり…

この小さいチムが、大人顔負けの冒険をするのですが、
(私よりしっかりしています
本当にハラハラドキドキ、でも、チムなら出来てしまうんじゃないかと思わせてくれます。

密航した後乗組員たちにもきびしくされるのですが、がんばってはたらきます。
その中で船の仕事を覚えたりして、みんなに認められるのです。

そうやって、好きなことのためにがんばって取り組む姿も、かっこいいのですよね。

我が家の船好きの息子にも、何度も何度も読みました。
今は、娘もお気に入りで、よく読んでと持ってきます。

アーディゾーニの絵が、とてもすてきです。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/6-b3a26fd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。