私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

スズの兵隊

今日は、6年生に本読みに行ってきました。
6年生に読むものって、なかなか難しく、いつもなかなか決まりません
時間的にも短いので、その範囲で探すというのも、なかなか大変です。
最近は、朗読の方が多かったのですが、今回は、絵本で。
時間オーバーでしたが、結構良かったかもと、自己満足

スズの兵隊 (大型絵本)スズの兵隊 (大型絵本)
(1996/11)
アンデルセン、マーシャ・ブラウン 他

商品詳細を見る


ある男の子のプレゼントとして贈られたスズの兵隊。その中に足が、一本しかない兵隊がいました。
その兵隊は、同じく足が一本しかないと思った紙のバレリーナの人形に恋をします。
ところが、運命のいたずらか、家の外へ落っこちて、旅をするのですが・・・


このお話息子が、小さい時にとても好きで、良く読みました。
多分スズの兵隊と、そとの旅の所が好きだったのだと思います。
ダンボールで、スズの兵隊を作っていました。

でも、はじめに読んでいたのは、違う絵本だったのですが、こちらを読んだら、こちらの方が、内容が、濃くて、ずっと良かった。
前のは、細かい気持ちなどが、わからなかったと思います。

今までは、兵隊の冒険みたいな方が記憶に残っていたのですが、
今回読んでみて、兵隊とバレリーナの美しく、悲しい恋が、心に響きました。

このスズの兵隊今は作られてないのでしょうかね?
こんな兵隊人形が欲しいんですけれど。

スポンサーサイト

Comment

NICCAさん

やっぱり、大きくなると反応は少ないよね。
でも、反応ないからと言って、面白くないわけじゃないようですよ。
でも、読む物によっては、面白くないものもあると思うので、本選びはきちんとしないとと思います。

参考にしてくださるなんてうれしいです(^O^)/
ちなみにアンデルセンは、福音館文庫から、4冊ぐらい出ている3さつかな?のが良いようですよ。
2007.10.05 12:14 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
クリスタルさん

本て、読むときによって入ってくる所が違ったりしますよね。
私、同じ本何回も読むという事が、出来ないので、ようやく最近実感しています。

高学年は、特に本読む子と、読まない子の差があるようで、むずかしいですね。
ある時あっこんなの聞いたことある。もっと読んでみようかな、なんて思ってくれたらなんて思ってしまいます。
自己満足ですけどね。(^_-)
本は、いつもは、数人で、決めるのですが、今回は、初めに決めたのが、どうなの?という事になり、急きょ各自でになったので、聞いてくれたようで、ほっとしました。
2007.10.05 12:03 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
高学年て難しいよね。以前お友達が読み聞かせを学校ではじめた頃、反応があまりなーい。とぼやいてました。。
読み聞かせなれてないと反応も違うのかな。
そういう私も最近子供にあまりやってないなあ・・
高学年のは参考にさせてもらいます。。^^
マーシャブラウンの絵いいですよね。
2007.10.05 04:41 | URL | NICCA #- [edit]
本の不思議ですね。
読む心理や環境によって受け取り方も違うし、今まで気づかなかった発見もありますよね。
読み聞かせの時の本はご自分で選ばれるのですか?
子供たち、きっとそれぞれ何かを感じてくれたのでしょう。
いつかふとストーリーのことを思いだしてくれるときが来るのでしょうね~♪
2007.10.05 04:35 | URL | クリスタル #zwLapsbc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/59-ddb6a6e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。