私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

最後まで使い切った感

おととし(もうそんなになるのね~)
ホームシューレサロンで初めて行った金沢で買ってきた和紙のカレンダー

女性の和紙職人さん達が集まって一枚一枚その方オリジナルの紙&印刷で作ったというもの。
昨年一年我が家の一番狭い個室でお世話になりました。
今年、トイレ用の(言っちゃってる)カレンダーを特に用意してなかったのもあり、
ズボラなのもありしばらくそのままになっておりました。
いつも見てはそろそろ外さなくっちゃとは思いつつ、
外してしまったら、もう用は無くなってしまうので、紙ごみ行き。
なんだかそれも……

そしたらふと思いつきました。

最近少しづつですが、断捨離中。
この前片した中に、封筒の型セットがあったのでした。
これも、買ったはいいけど、一度も使ってないそれこそゴミ箱行きか?
と思ったのですが、これは使いたいと、そのまま取っておきました。

あれの一番小さいサイズなら出来る??
ぴったり!!

IMG_4616_20140414153240a1f.jpg

小さい封筒&ぽち袋が出来ました。
字を表に出したり、裏にしたり。
はじめてみれば、あっという間。
たいした手間ではなかったのです。
それに、とっても楽しい。

それよりなにより感激したのは、この紙達を切る時の感覚。
なんと言ったらいいのでしょう?シャリっというか、スッというか。
なんともなめらかで気持ちの良い切れ味なのです。
はさみはいつものなので、きっと紙のせい。
いやいや、そのまま捨てないで良かった~

まあ、この封筒使わないと、最後まで使い切った事にはならないのですが

普通に売ってなさそうですし、また今度このカレンダーに巡り合えるといいなと思ってます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/573-2435809e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。