私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

夏前に読んだ本

6月の更新の後読んだ本の事を書こうと思ってたのに、
記事にするのが途中になってしまってました。

せっかくなので、書いておきます。
停電の夜に (新潮文庫)停電の夜に (新潮文庫)
(2003/02)
ジュンパ ラヒリ

商品詳細を見る


読んで時間がたってしまったので、細かくは覚えてないのだけれど、作者がインド系アメリカ人(だったかな?)
というせいか、場所はアメリカだけれど、異国の雰囲気や自分の居場所への思いみたいなのが感じられて好きな雰囲気でした。
他の本も読んでみたい。

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)
(2011/02)
ジュノ ディアス

商品詳細を見る


ラテンアメリカの混沌とした雰囲気とかは好きなのだけれど、う~んちょっといまいち入りこめなかった。
思ってたのとちょっと違ったかな?

しあわせのねだんしあわせのねだん
(2005/05/01)
角田 光代

商品詳細を見る




花が咲く頃いた君と花が咲く頃いた君と
(2008/03/19)
豊島 ミホ

商品詳細を見る



たったこれだけの家族―河野裕子エッセイ・コレクション (河野裕子エッセイ・コレクション 1)たったこれだけの家族―河野裕子エッセイ・コレクション (河野裕子エッセイ・コレクション 1)
(2011/07/10)
河野 裕子

商品詳細を見る


河野さんが亡くなったという記事で初めて彼女の事を知って、
その記事と一緒に書かれていた短歌が気になってエッセイなども読んでみたいなと思って手にとりました。
ご主人の仕事の関係で行ったアメリカでの暮らしの事を中心に、母としての子供との暮らしとか
良かったです。

藤田嗣治画文集 「猫の本」藤田嗣治画文集 「猫の本」
(2003/07/18)
藤田 嗣治

商品詳細を見る


娘が藤田嗣治さんの猫の絵が好きというので借りてきました。
私はあまり好きではなかったけれど、見てたらやっぱりいいかもと思いました。
好きな絵があったのだけど、名前忘れちゃいました。

アンティークの街ロンドン (ワールド・スケッチ)アンティークの街ロンドン (ワールド・スケッチ)
(1995/12)
井村 治樹

商品詳細を見る


GIジョーのことがちょっとだけ出てたので読んでみました。
イギリスでアンティーク市めぐりなんて楽しいだろうな~

あしたも着物日和あしたも着物日和
(2006/07)
近藤 ようこ

商品詳細を見る


石田節子のきものでおでかけ石田節子のきものでおでかけ
(2004/01)
石田 節子

商品詳細を見る



乙女の東京―洋菓子・和菓子店、ホテル・旅館、美術館・博物館、雑貨・化粧品…乙女心の東京案内 (マーブルブックス)乙女の東京―洋菓子・和菓子店、ホテル・旅館、美術館・博物館、雑貨・化粧品…乙女心の東京案内 (マーブルブックス)
(2007/07)
甲斐 みのり

商品詳細を見る


バービー・ファッション50年史バービー・ファッション50年史
(2009/03/07)
茅野 裕城子、たいら めぐみ 他

商品詳細を見る


バービーは見ているだけでも楽しいのです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/544-e925854d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。