私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

あの犬が好き

図書館で穂村弘の
サキサキ オノマトペの短歌 (めくってびっくり短歌絵本 (2))
と、
そこにいますか―日常の短歌 (めくってびっくり短歌絵本)

を探していた時にみつけた

あの犬が好きあの犬が好き
(2008/10)
シャロン クリーチ

商品詳細を見る


詩みたいなお話?お話見たいな詩?

詩なんて女の子のものだから、男は書かないよ。
なんて言っていたのに、
いろんな詩を読んでもらううちに、
良くわからなかったり、かっこよく感じたり、そのうち自分の詩を書きだしていく
そんな話しです。

詩を読んでもらって率直な気持ちを言葉で先生と(先生の言葉は出てこないけど)
やり取りしていくのだけれど、好きな詩に出会ってワクワクする感じ、
とかがストレートに伝わってくる感じがいいです。
犬の詩とか泣きそうになっちゃうし、最後の感動して…というのもいいですね


詩ってわかんないし、むずかしいし、メルヘンチックなものと勝手に思い込んで
いたけれど、そんな事思っていない子供の頃に
わかんないけどなんかいい。とか、意味わかんないとか、なんかかっこいいとか、
こんな風に自分の気持ちに正直に感じてみていいんだよとわかっていたら、
もっと詩の世界を楽しめていたのかもなんて思いました。

これを書いたシャロン・クリーチさん、
名前聞いた事あるなと思ったら、

ルビーの谷 (ハリネズミの本箱)ルビーの谷 (ハリネズミの本箱)
(2004/07/15)
シャロン・クリーチ

商品詳細を見る


めぐりめぐる月 (ユースセレクション)めぐりめぐる月 (ユースセレクション)
(1996/06)
シャロン・クリーチ

商品詳細を見る


を書いた方でした。
こちらも良かったです。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/538-53869f4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。