私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

息もできない

子供抜きで見に行く映画、気付くとこの所韓国映画ばかり。
そんなにしょっちゅうは行けないので、
多分家では見れなそうだし、これはどうしても見ておかなきゃというものを優先してると、そうなってしまうみたいです。

もっと書きたいものはあったのになかなか書けずに…
これも、見てから時間がたってしまったのだけれど、映画趣味の合う友達と都合が合わずに一人で見てきたので、
とりあえず感じたことを出しておかなきゃ

息もできない

index_615-400.jpg

製作・監督・脚本・編集・主演ヤン・イクチュンと、ほとんどを一人でこなし、長編映画デビュー作ながら、各国の数々の映画賞を受賞したそうです。

あらすじなどは、↑の息もできないタイトルをクリック。

タイトルどおり、息もできない…という感じ。
悲しさ、怒り、どうしようもないもどかしさ。
さまざまな思いのこもった暴力。
暴力のすごさよりも、そのつらさや、悲しさがずんずん伝わってきて、
息が出来ない様に胸が締め付けられる。

強がって表には出さないけれど心の奥底では同じような思いを抱えている女子高生との出会いで、少しずつ
今の生活から抜け出す糸口をつかみ始めたものの…

最後は、その世界から抜け出すこともできる。
でも、暴力は連鎖するのだという2つの行く先が暗示されているようにも思えた。

ただ苦しいだけじゃなく、底の方に何かあったかいものが感じられる。
そして、暴力はすごかったけれど、見せるための暴力で無く、
暴力でしか自分の感情を表せない。それしか知らない。
そんなのが感じられるからか、嫌悪感とかは不思議と無いのです。

とにかくガツンとやられました。
ギリギリで見れて良かった~。

まだ少しはやっているところもあるかな?
気になった方はぜひ。







スポンサーサイト

Comment

ケンシロウさん
お返事おそくなってすみません。
コメントありがとうございます。
『息もできない』見られたのですね。
そちらにも後ほどおじゃまさせていただきますね。

2010.08.19 14:14 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
見ている私が息もできない
はじめまして、ケンシロウと申します。

私もこの映画、他の映画の宣伝で見て、どうしても見たくて、先日出張のおり、取引先との会食を断って、見に行きました。

たまらなく、せつなくなった映画でした。
でも、見る事が出来て、本当によかった映画だと思います。

私もこの映画の感想を自身のブログに記事にしています。よろしかったら、是非お越しください。
お待ち致しております。
2010.08.09 22:46 | URL | ケンシロウ #NqNw5XB. [edit]
higurashizoshi さん
お返事おそくなりました。
higurashizoshiさんも気になってましたか。
うれしいな~
 
韓国映画は胸にストレートに響くのが好きな所一つなのですが、これはまさにガツンときました。
一人で集中して見たい映画でした。
感想のんびりお待ちしてますi-179
この映画館、気になるのをちょこちょこやってくれるのですが、なかなか見に行けなくてもどかしいです。
紹介されてた『カティンの森』もこれを見る前の週位に終わったところでした。残念~
2010.08.09 11:37 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
ああ、この映画、すっごく気になっていたんですよ!
私は、まだこの前やっと初めてひとりで映画館に行けたとこなので、
自由に観に行くのはむずかしいのですが、こういう映画はひとりで
映画館で観たいなー。

hitanaさんの文を読んで、ぜったい観なくちゃ! と思いました。
DVDになってからになるだろうけど、また感想伝えられるといいな~。
2010.07.29 11:56 | URL | higurashizoshi #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/417-ab4ef3e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。