私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

すばらしいとき

子どもと本で、紹介されていなかったら、多分読んでいなかっただろうな~

でも、これすごく好きです。
本 006


すばらしいとき (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)

お父さんが、娘たちに語るような感じで、春から秋に訪れる島の自然について語っています。

物語というより詩?散文?というのでしょうか?


「ぺノブスコット湾の水面に
 岩勝ちのみぎわをみせる
 小島のつらなりの上で、
 みてごらん、世界のときが
 ゆきすぎるのが みえるから。
 一分一分、一時間一時間、一日一日、
 季節から季節へと。…」

という文章ではじまり、このあと、雲が、だんだん大きくなり、島々を影の中に入れ、雨が降ってくるのですが、
その様子が、目に浮かぶようです。
文章が、美しいですね。

このあと、早春の様子、夏の海遊び、夜の海、そして、嵐の来る様子。
嵐の後の島の様子などが、素敵に描かれています。

そして、最後は、夏も終わり、島を去る時期が来たよという感じで終わっています。
こんなすてきな夏休みを過ごせたら、どんなにしあわせでしょうか。

わたしのつたない文章では、伝えきれないので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーサイト

Comment

クリスタルさん
図書館いかれるのですね。
気に入っていただけたら、うれしいです。
クリスタルさんの自然の写真とも通じるようなそんな気分になれます。

クッキーチョコを入れなかったので、素朴なお味でした。
2007.09.01 11:53 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
素敵な絵本ですね~。
hinataさんのお話を読んでいるだけで、想像できてワクワクしてしまいました。
そんな素敵な夏、私も送ってみたい・・・。
今日図書館に行くので、探してみようかな・・・。
今amazonのサイトを見ましたが、どれも読んでみたいものばかりです。
ご紹介、ありがとうございました♬

↓のクッキー美味しそう!
エプロンも素敵~♬身につけてお料理するのが楽しくなりそうですね♬
2007.08.31 21:20 | URL | クリスタル #zwLapsbc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/41-34cb8516
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。