私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

幼獣マメシバ

去年の夏の見たい映画リストに入っていた『幼獣マメシバ』
レンタルビデオ屋さんに行くと、映画の前にやっていたTV版を先に見たほうがいいですよ~と書いてあったので、
まずはTV版から。

幼獣マメシバ DVD-BOX幼獣マメシバ DVD-BOX
(2009/10/23)
佐藤二朗高橋洋

商品詳細を見る


地主でもある芝家、父親が無くなり、母親も家出、35歳で引きこもりの二郎は母親が残した柴犬の一郎と、
母がところどころに残していくヒントを追いながら、母親を探していく。


二郎の母親は、引きこもり生活の長い二郎をそろそろ動かそうと、ヒントを残して家出をする。
まずは、突然あらわれた柴犬の一郎。
犬なんか無理と言っていた二郎だが、少しづつ動き始める。
二郎は自分の街から出たことが無い。
国道を渡るのも、踏切を渡るのも、橋を渡るのも、すごくすごく勇気を振り絞らないと大変。
でも、一つづつヒントをたどりながら苦手を乗り越えていくのです。
そして、周りにかかわった人にもちょっとずつ暖かいものを残しながら。

この二郎さん、すごくおどおどしてはいるのだけど、ちょっと言うことがひねくれていたり、
なんだかおもしろい。
周りの人もなんだかいいんですよね。
いつも相談に行くペットショップのお兄さんとか、いとこで歌手になるのが夢の郵便配達員とか。

笑っちゃうんだけど、ホロリとして。
子供と一緒に見てるから、ひそかに涙拭いたりして

でも、ふと見た息子に「なんかお母さんなんとも言えない顔してるよ」
といわれてしまった。
だってしょうがないじゃない。
おかしいけど、涙出そうで、でもこぼれないように頑張ってるんだから~

レンタル返す時「あ~お母さんこれまた見たくなっちゃうなきっと。」
と言ったら、娘に、「なんで?一郎がかわいいから?」
と言われ、「うん、まあね」
なんて言ったけど、

本当は、二郎さんにはまってしまいました。お母さんは
もちろん、一郎ちゃんはすごくすごくかわいいけどね

いや~すごく良かった『幼獣マメシバ』
と思い、お次は映画版。

劇場版 幼獣マメシバ DVD劇場版 幼獣マメシバ DVD
(2009/10/23)
佐藤二朗安達祐実

商品詳細を見る


こちらは続きなのかと思ったら、設定は同じで母親を探すのは同じなのだけれど、
TV版よりちょっとスケールが大きい感じ。
道路を超えたり、踏切を超えたりで頑張っているよりもう少し先の方へいく感じです。
自分自身も二郎と同じように周りの人が気になったり、家族との間に深い溝があるという女性が入ってきたり、
家とは離れたところで話が進んでいきます。


最後も、あ~そこまで行ったか~。と…。
お母さんの、やろうと思えばなんでも出来ちゃうのよという言葉と、その生きる姿勢がいいな。

二郎はいろんなことを忘れて、というか多分記憶の底に、いいことも悪いことも沈めて生きてきたんだろうと思うのだけど、
「せっかくいろんなことがあったのに、なんでも忘れちゃうんだから。」
というような事を言うお母さんの言葉を聞いて、
私も息子が、忘れなくていいことまで忘れてしまっているような気がしていたので、
あっなんか同じ。と思った。

なかなかいいです。
マメシバもかわいいし。









スポンサーサイト

Comment

ぷーあるさん
ぷーあるさん、見てましたか~。
うれしいなi-179
私はTVでやっている時は見ていなかったんですよ。
娘が見たいと言った時はそんなに期待もしていなかったのだけれど、いやいや。
良かったですね。これ!

本当、TV版の方は終わるたびに、あ~終わっちゃった。と言って、最後の一言(最初だっけ?)でいつも笑ってました。
また見たいi-179
2010.04.01 16:24 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
幼獣マメシバ これこれ夜中にテレビでやってたよね!!

ちょこちょこ観てましたよi-179
まめしばちゃんもかわいいけど主人公がよかった。
笑いながら泣けちゃうんだよね。
一回観るとはまっちゃう感じですよね。

わたしもレンタルしてもう一回観るぞ~!!

hinataさんいいとこついてくるな~i-179
さすがです!!
2010.03.28 07:37 | URL | ぷーある #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/395-8010b3a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。