私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

読書熱

本を読むのは好きだけれど、いつもいつも読みたいわけではないみたい。
時間があっても、のんびりしたほうがいいとか、何か作っていたほうがいい気分の時もあるし、
でも、時々無性に本が読みたくなることがある。
何か読みたくていてもたってもいられないような気分の時が。

でも最近、そんな気分になっても、なかなかこれ!っていう本に巡り合えなかった。
話の転回はおもしろくて、それなりに楽しく読むのだけど、読み終わってもなんだか心に残らないとか…

なんか、短くても長くても、楽しくても悲しくても、どんなのでもいいのだけれど、
読んだ後に何かここに(胸ね、)グッとくるものがある。そんなのが読みたいんだけどな、
何かないかな~?
いつもそんな風に思っていた。

そして今回、だらだら読み続けていた映画『南極料理人』の元になった
『面白南極料理人』西村 淳 著を読み終え
次に何かないかな?と手に取ったのが

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
(2009/01/09)
三浦 しをん

商品詳細を見る



話は面白くて先が気になり、泣ける話というわけではないのに、キュンとして涙出そうになるし、
最後はほんわかあったかい気分。
そして何より、この登場人物達が私の中にはっきりと居るというか、話が終わっても生き続けている感じ。
そしてこの先どうなっていくのかな?と勝手に考えたくなる。
これこれ、こんなの読みたかったの。そして、三浦しをんの他のも読まなくちゃ!
という久々の感覚でした。

それから、今回の読書熱は始まりました。
1月終わりころから始り、今までに読んだもの

白蛇島
月魚
格闘する者に○
私が語り始めた彼は  
夢のような幸福 
三四郎はそれから門を出た   以上 三浦しをん
やがて目覚めない朝が来る   大島真寿美
エバーグリーン        豊島ミホ
檸檬のころ          豊島ミホ
パンに合う家のごはん     堀井和子  (レシピ、エッセイ半々だったので、入れときました。)

いまさらですが、三浦しをんさんいいです。
エッセイもまた違う雰囲気でこちらはクスクス笑いながら楽しいです。

豊島ミホさんのも、中、高生の頃のいろんな揺れる思いをちょっと思い出させてくれたり、
でも表面的な感じだけじゃないのが良かった。

読みやすいものが多かったので、そろそろ重めの、海外の物が読みたくなってきました。
何がいいかな~?


そうそう、多田便利軒、続編も出ていて、すぐにでも読みたかったのだけど、
マンガっぽい挿絵が私のイメージと全然ちが~う。
私の中では、行天は『アイルランド』のキム・ミンジュンだったし(韓国の俳優さんです。)
多田さんは、サラリーマンのおじさんタイプだったのだけど…
私の読んだ文庫には絵は無かったのよね。
あまりにもイメージが出来すぎちゃったので、読み終わってすぐには続きを手に取れなかったのだけど、
ちょっと落ち着いてきたから、やっぱり読もうかな?だって気になるもの



 
スポンサーサイト

Comment

misuzuさん
お返事おそくなりました。
三浦しをんさん、買ったのですね、うれしいなあ。
「風が強く吹いている」私も昨日読み終わったところです。
ありふれた話になってしまいそうなのに、それぞれの内面まで描いていたり、やっぱり良かったです。
読まない時は全然読まないというか、読めない時もありますけどね、こんなに続くのは久々ですi-179
2010.03.23 13:44 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
hinataさんの本のレビューを見て三浦しをん買ってみました。「風が強く吹いている」と「まほろ駅前・・・」の2冊です。
まだ読んでいないんですけど、楽しみ~。
夢中になれる本に出合えるとうれしいですね。

それにしてもhinataさん読書家ですね~。
2010.03.11 15:05 | URL | misuzu。 #- [edit]
マキさん
さっそく予約してくださったんですね、
あんな簡単な感想で…しかも内容書いてないのに。
うれしいです。
マキさんの好みに合うといいんですけどi-179
思わぬところで好みの本に出会うとうれしいものですね。
2010.02.19 18:25 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
さっそく
hinataさんの物語の説明が上手で、すごく引き込まれ
さっそく市内の図書館で貸出予約しました。
もう準備できたようで、借りにいくのが楽しみです。

私もけっこう本が好きで読むのですが、
ついつい偏ってしまう・・。

梨木香歩さん、宮部みゆきさん、北原亞以子さん
外国物では子供向けですが
ロアルドダールさん、サラ・ペニーパッカーさん、
アンドリュー・クレメンツさん辺りに子供と一緒にハマってます。
(子供からみた大人社会の理不尽を小気味よく描いていてお勧めですよ)

他の人から勧められて、自分の本の世界が広がるのも
また楽しいですよね。
2010.02.17 14:14 | URL | マキ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/388-7a7e3834