私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

海底二万海里

海底二万海里 (福音館古典童話シリーズ (11))海底二万海里 (福音館古典童話シリーズ (11))
(1972/10)
ジュール ヴェルヌ、清水 正和 他

商品詳細を見る


1866年海上で、ばかでかくて、とても速い怪物を目撃する事件が起こった。
そしてその後も、他の船と衝突したりする事故も起こり、その謎の生き物の正体を確かめようと、アメリカの エイブラハム・リンカーン号が調査に乗り出すのです。
その調査に同行することになったパリ科学博物館のアナロックス教授の目で、
その怪物の正体を解き明かしていくのです・・・


息子が、大好きな本で、3年生ぐらいの時に、
「もう読んだよ。すごくおもしろい」
と言っていて、こんな厚いのもう読んじゃったの??すごい!とかなり驚きました。
内容的には、とっても好きそうだけれど、やっぱりちょっとむずかしいんじゃないかな?と思ったから。
(私は、すぐに眠くなってしまう^_^;)
その後彼は、いったい何度この本を読んだのでしょう?

私も読んでみて~~
言われて、読みました。
確かに、おもしろい。海の中の事とか、すごく詳しくって、
本当に自分が見ている気分になります。
そして、この怪物のような潜水艦を操るネモ船長の正体はいったい何?
なぜこんなことをするの?
という所で、グイグイひきつけられます。

水中の中の様子とか、詳しくってそういう所で私なんかは、ちょっと離れてしまうのだけれど、
そういうのが、好きな子には、たまらなくおもしろいのだと思います。

この次に、ネモ船長の正体がわかる、神秘の島
も 読んでリスト に入っているのですが、まだ途中・・・
なぜネモ船長が・・・気になるので、読んでみます(^u^)

ちなみに、息子は神秘の島が一番好きと言ってました。
スポンサーサイト

Comment

mii3さん
そうね、本からいろいろ学んでいるのかもね、
今は、どうぶつの森に行ったままですけどi-230

うちの娘は、犬ものですi-179DVD借りる時も犬です~
私は、おススメされてもなかなか読めないので、もう少し読まなきゃな~i-201
と思います。
でも、少しでも共有出来るものがあるとうれしいですよね。
2008.02.03 00:56 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
テルさん
ディズニーシーにあるんですよね。
まだ行ったことないんですけど。
それ乗ってみたいな~

この潜水艦作ったネモ船長は、地上のものに恨みを持っていて、海で生活する覚悟をきめて、潜水艦を作ったのよ。
なので、生活に必要なものは、みんな海のものから、作り出しているの。もちろん燃料も。
良く考えてるな~と感心します。
2008.02.03 00:51 | URL | hinata #JalddpaA [edit]
息子さん、すごいね~~。
手先は器用だし、きっと、本の中からた~~くさんのことを学んでるはずi-199
私も、子供が借りてくる本i-70、たいがい読んじゃいますi-179
動物&犬ものばっかりだけど。。。
子供にすすめられた本を読んで、話題を共有できるのいいですよね~i-236
2008.02.03 00:28 | URL | mii3 #- [edit]
うわ~、そういうお話だったのですね~i-202

去年の3月ディズニーシーに初めてi-197行ってi-233、海底2万マイルの潜水艦?に乗りました。

正面の窓から見える泡(海底に入っていく臨場感)とかすごくて、よく考えたなあ~!!と興奮しましたi-237

海底2万マイル?シンガポールまで行っちゃう??
どんな話なんだろう?
原作は、どんなだろうと思いつつ
調べることも、手に取ることも、
映画すら探すこともなく、大昔の人が想像する海底
怖そうだなあ~とおもっただけで終わっちゃったi-177

hinataさんちのブックワールドというか
息子さんのブックワールドためになるなあ~。

2008.02.02 19:06 | URL | テル #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hinata11.blog110.fc2.com/tb.php/130-a505188c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。