私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

6月に読んだ本

なんだか暑さ、湿度にさらに弱くなってしまった様な今日この頃です。

今日は、大暑というのに涼し~一日で、ホッと一息。

夜ごはんに、てんぷらするほどの気力はないけど。
とオニオンリングの様な、玉ねぎてんぷらみたいなので、玉ねぎの天丼にしてみた。
玉ねぎだけなのに、けっこういいね~
動物性たんぱく質無くても平気な息子にも好評でした。

あっ、おかずは他にも少し作りましたよ(^_-)-☆


2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1141ページ
ナイス数:10ナイス

利休にたずねよ利休にたずねよ感想
あらゆるものに対する審美眼と、それを追求する所、もてはやされていたものが、そのうち嫉妬をかい、疎ましがられていく。
時間を遡ることで、その緩やかな変化を感じることが出来る。
若い頃のエピソードが何だったのか?というところがずっと絡んでくるわけだが、その頃の利休が一番人間らしい気がする。
そういうことがあったからの美しさに対するこだわりなのかもしれないが。
また、お茶の空間に身をおいてみたくなります。

読了日:6月7日 著者:山本兼一



旅行者の朝食 (文春文庫)旅行者の朝食 (文春文庫)感想
ロシアの食べ物に関するエッセイかと手に取りましたが、他の所の話も入ってます。
最初の通訳の話から感心しつつ、面白く、食べたことの無い味も気になり、米原さんの食欲に驚きつつも、楽しそうに語られる食べ物の話に引き込まれました。
やっぱり、ハルヴァ気になります。食べてみたい。


読了日:6月7日 著者:米原万里



藤森照信×山口 晃  探検!  東京国立博物館藤森照信×山口 晃 探検! 東京国立博物館感想
以前読んだ、お二人の建物に関する著書が面白かったので、読んでみました。
こちらも、東京国立博物館の、建物中心の内容ですあっさり、さらっと読めてしまいますが、写真も多く、楽しめます。
各々の建築様式の話や、細かい見所などはもちろんふむふむって感じでおもしろいのですが、グッときた一品がさらっと紹介してあるのも楽しいです。今度見に行きたくなります。

読了日:6月7日 著者:藤森照信,山口晃



空ばかり見ていた空ばかり見ていた感想
放浪の床屋?のホクトさんが、関わったような、関わらないようなでも、少しは関係ある人たち。
どこの国だかはわからないけれど、日本では無さそうなどこかな雰囲気、フワッとしていて、崩れてしまいそうな、マアトのようなお話達。


読了日:6月30日 著者:吉田篤弘



読書メーター









スポンサーサイト