私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

2月に読んだ本

のんびりしているような、バタバタしているような、何だか気ぜわしくしているうちにもう
桜も咲いて3月もあと数日です。
いろいろ書きたいことあるのですが、また後日…
長年頑張ってきたパソコンがとうとう息切れしだして、しばらくごまかしごまかし使っていたのですが、
とうとう新しいの変えました。
まだ使い勝手がわからず、なかなかうまく字も打てません(-_-;)


2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1161ページ
ナイス数:16ナイス



ひさしぶりの海苔弁ひさしぶりの海苔弁感想
おなかがすく本 ただ、思いが熱すぎてちょっとついていけない所も…
読了日:2月3日 著者:平松洋子,安西水丸


低地 (Shinchosha CREST BOOKS)低地 (Shinchosha CREST BOOKS)感想
読も終わるのがもったいなくて、ゆっくりゆっくり読んだ。 きめ細やかに紡がれていく物語。それぞれの視点から見る世界に切なくなったり、もどかしくなったり、イライラしたり。 途中、ガウリの行動や煮え切らない思いにイラっときたりしたが、最後、ただ愛し合っていると思っていたウダヤンとの微妙な関係がわかって、切なくなる。 みんなそれぞれに、いろんな思いを抱えながら生きていくのですね。 次はどんな話を書いてくれるのでしょう?楽しみです。
読了日:2月9日 著者:ジュンパラヒリ


ミサゴのくる谷 (児童図書館・文学の部屋)ミサゴのくる谷 (児童図書館・文学の部屋)感想
絶滅危惧種のミサゴをめぐるお話。 山場がいろいろあり、話が詰め込みすぎ?な気もしないではないが、ハラハラ、ドキドキ、ワクワクしながらあっという間に読んでしまった。 ミサゴの描き方がしっかりしているからか、本物は見たことないのに、目に浮かぶ様です。 娘用に貸していただいたのですが、読んでくれるかな~? 私はこういうの好きなんだけど。
読了日:2月9日 著者:ジルルイス


往復書簡 いま、どこですか?往復書簡 いま、どこですか?感想
前半は、お手紙のやり取りで、後半は二人で行った北海道旅行のエッセイがそれぞれの視点で書かれてるのですが、 どちらも量的にちょっと中途半端な感じがしましたが、 旅がテーマの本ということみたいなのでこれで良いのかしら? 二人の思いがつづられたお手紙を見ていると、その関係が羨ましくって、誰かにお手紙書きたくなります。全く筆まめでないのですが…
読了日:2月9日 著者:小澤征良,杏

読書メーター

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。