私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

ホームシューレ合宿

年に一度のホームシューレ合宿に行って来ました。

去年は娘と2人の日帰り参加でしたが、今回は、2回目となる3人でのお泊り参加となりました。

人が大勢の所に参加するのにまだまだ緊張する2人なので、参加すると決めるまでもどうしよう~と悩んだり、
前日には、最近サッカーに興味を持ち始めた娘が、サッカーのアジアカップ決勝が見れないかも!と、行くのを迷ったりと、いろいろありましたが、無事に参加して来れました。

娘がまだ私が一緒でないとダメなので、
1日目は、子供プログラムの水族館へ。

子供プログラムの方は、ゲームとイラストが人気なので、こちらのお出かけプランはこじんまりしていて、
うちの子達にはあっているみたいです。

IMG_9347.jpg

土曜日なので、結構人がいてちょっとびっくり。
こういうちょっと地味目の水槽の前は人が少ないですが、他はけっこうたくさん人がいます。
地味だけど、派手なイソギンチャク達。
IMG_9329.jpg

夜にはサッカーも無事に見れ、しかも優勝!
息子も子供プログラムのゲームの方は人が多すぎてちょっとまだ無理とか言ってましたが、
夜のわりとこじんまりしたゲームの集まりには参加出来て楽しく過ごせたみたいでホッとしました(私がね

そんなこんなで、中身の濃い2日間それなりに楽しく過ごせたみたいでみたいで 良かったです。
今日はみんなお疲れモードでのんびり過ごしてます。

スポンサーサイト

冬の小鳥

今年の初映画行って来ました。

昨年終わりぐらいから、見たい映画がいろいろあったのに、なかなか行けず、
どうしても映画行きた~~いとお願いして一人で行って来ました。

息子は どうぞどうぞという感じなのですが、
娘はまだなかなか難しい。
いい時もあるし、嫌な時も。

どうしても行っておかないと後で後悔しそうだったり、行けなかったことを子供のせいにしてしまいそうな時は
子供の様子を見て大丈夫そうな時は、行かせてもらってます。
今回も、もうやっぱりどうしても行かせて~と言う感じで行って来ました。
本当は、行ったからにはもう一つ見たかったのも見せてもらおうと思ったのですが、
それはやっぱり嫌だというので、残念ながらひとつだけ。



冬の小鳥

突然大好きだった父に捨てられ、
絶望の中をさまよいながら少しずつ新たな人生を歩んで行こうとする少女の物語
実際に9歳の頃に養子としてフランスに渡ったウニー・ルコント監督の体験が元になって作られた作品だそうです。

d0179295_20251978.jpg

少女ジニの父親役は、ソル・ギョングがやっているのだけれど、
顔が出てくるのは、ほんの1場面。
お父さんと買い物に行ったり、食事に行ったり、うれしそうにとてもにこやかに過ごす彼女のそばで、
顔の写らない父親。父の背中のぬくもりを感じながら乗る自転車。

だからこそなにもわからずに、養護施設に連れてこられたジニの気持ちが痛いほど伝わってくる。

養護施設の中で過ごし、周りの子は養子に貰われるのを待っているのに、
いつまでも父の元へ帰る。父は迎えに来てくれるはずなのだからという思いを捨て切れずに
かたくなに心を閉ざすジニ。

仲良くしていたスッキが養子に行く事にきまったことや、弱っていた小鳥を育て、その死を見つめることなどから、少しずつ新たな自分の人生へ一歩踏み出して行く決意をするのです。
かたくなに心を閉ざして、固く口を結んだジニの表情、今まで見せなかった笑顔を少し取り戻したジニ。
そんな彼女の表情がとてもいいのです。

最後の方で、ジニを見送る
ちょっと厳しそうな寮母さんの、ことばに出来ない表情。
今までいくつもの出会いや別れを見てきて、どれもが素晴らしい旅立ちだったと思えないこともあったのだろう。
そんな複雑な心の内を表しているようで、ぐっときてしまった。

とてもシンプルなお話だけれど、シンプルだからこそ、
9歳のジニが放り込まれた孤独や絶望や怒りや悲しみがまっすぐに感じられた様な気がした。
そして、だれもが持っているかもしれない強さの様なものを感じました。

ウニー・ルコント監督が以前衣装デザインをやっていたからなのか、
ジニ達の着ている服が手作り風で素朴な感じがかわいかった。


今回行ってみたら、次から次へと見たい映画が目白押しで、
あ~、お願いまた行かせて~という感じでした。
映画って、行きたい時は無性に行きたくなってしまうものなのです。

今回見れなかったハーブ&ドロシー来週までなんだけど… 見たいよ~。







家族でゲーム

年末の事になりますが、
予定していた一泊旅行が息子の風邪をひいてしまったために中止になりました。

娘はがっくりきちゃって元気無し
私も、大掃除のこととか、あわただしいこととはおさらばする気分だったので、
なにもやる気にならず。

年末なのに、なんだかのんびりした2日間になりました。

息子の体調も良くなってきたようなので、
家族で久々のボードゲームをやりました。

準備して待っている間に娘が作った犬

うまい!

IMG_9121.jpg


今回は カタン
IMG_9122.jpg

6角形のが土地で、そこから収穫を得て、家を建てたり、道をつくったり、町にしたりして得点を得ていくゲームです。

その日のサイコロの目の出方が結構偏ったりで、運も関係します。
収穫するものも偏ったりするので、それを交換するための交渉も必要。
自分の番になると、どうやって行くかを一思案です。

今回息子は運がなかったみたい。
いい所に家を建てたのに、サイコロ運が無く、収入が入ってこない。
大胆な交渉術も交換するものが無いよ~と出番なし。
娘は着々と家から町に変えて収入UP。

いつもは時間がかかりすぎて、途中でおしまいで、得点順に勝敗をつけたりするのですが、
今回はけっこういい感じでゲームが進んでいたので、
もう少しもう少しと進めて、3時間ちょっとぐらいやったかな?
でも、最後まで(本当は、先に10点取った人が勝ち)はもう少しのところでいけませんでした。
ラスト1周で、追い上げられひやひやしましたが、私の勝ち

うれしい~

なかなかみんなそろって時間たっぷり遊ぶということが少なくなってきましたが、
久々ゲーム楽しかった。
また近いうちにやりたいな。


笑うかえる

1月2日に日の出を見に行った時に海にいたかえる

前に見たかえるはこちら

今回のはちょっと小さめ

で、


笑ってる~~

IMG_9153.jpg

誰かがわざと口を作ったんだよね?
きっと。

でも、おもしろい
朝から笑わせてもらいました。

おしるこ


義妹宅から帰って
のんびりお正月の間に、あずきをゆでてお汁粉を作りました。

黒豆もそうですが、お豆を煮ている匂いを嗅ぐと冬だな~となんだかちょっと幸せな気持ちになります。

煮ている間に気がついたのですが、実は、あずき買ってもなかなか煮ないかもな~と思って、あんこも買っていたのでした
すっかり忘れてました

実はうちではおもち食べるのは私と娘だけ。
旦那さんは食べるよなんて言っておきながら結局食べず…

おしるこも、結局私と娘だけでちょっと遅めのおやつ。
もう少しでごはんだし、今日は手巻き寿司だから、お餅はやめとこうか?
と聞いたら、せっかくだから入れる~と言うので、
お正月だからいいか~なんて
私の分まで焼いてしっかりいただきました。

お正月だからいいか~ ももうおしまいですね。

IMG_9181.jpg

今年のお正月


体の自由がどんどんきかなくなり、今は施設に入っている義母ですが、
お正月は義妹の家に戻ってきてもらうことになり、
私達も久々にお正月お泊りで出かけることにしました。

でも、本当に申し訳ないのだけれど、はっきり言って気が重い。
ほとんど自分で動けない義母を迎えるだけで大変なのに、私達までおじゃまするのが申し訳ない。
でも、もう家に戻れるのも今年が最後かもしれないと思うとみんなで集まった方がいいのだろうな?とも思うし…

それから子供達の事も。
元気すぎるいとこ達とうまくやれるのかとか。
気になることはきりが無い。

すごく気を使ってしまって、頭の中でいろいろ考えはするのに、自分でぱぱっと動けないから余計に気が疲れてしまうんだろうな~

心はほとんどひきこもり状態で、他の人達と関係を持たずに暮らしていけたらどんなにいいだろうなんて思ってしまったりする。



そんなのだからか元日の朝もちょっとゆっくり起きてしまい、
昨日作ったおせちを食べ、ゆっくり準備をして、そうそう今回は麦ちゃんもつれていくので、
それもまたちょっと大変だな~の原因の一つ。

(今年作ったのは、お煮しめ、黒豆、田作り、なます、栗きんとん)

そしてゆっくり出発。


行ってみれば、それなりに楽しくて、何事もなく、
何より、義母がいつもより元気そうな感じだったのが良かった。


お正月2日目。
初日の出は見れなかったので、2日目の日の出を見に行こうと、
早起きしてジョギングを終えた所だったいとこのお姉さんも一緒に
海へ行きました。

風が強く寒~~い。
あいにくの曇り空ですが、少し明るくなってきました。

IMG_9163.jpg

日の出かな?

IMG_9166.jpg

風が強くて寒いよ~

IMG_9164.jpg

一度家まで戻った後、麦ちゃんのお散歩へ。
寒くて行かないだろうと思った息子も一緒に3人で。
このあたりは、ずっと平らなので、(うちの方は坂道だらけ)
坂がないからどこまででも行けちゃうね~なんて言いながら、だれもいない道をてくてく。

午後には義母を送り、私たちは、家へ。
久々の渋滞にはまりながら家へ帰りつきました。

後の2日は、着物を着てのんびり過ごし、

届いた年賀状を見たり、こうしてブログにコメントをいただいたり、
昨年の楽しい出来事の事を考えたりすると、
やっぱりひきこもっていては生きていけないんだよな~なんてちょっと重そうなことを軽く考えてみたり
そんなこんなの今年のお正月でした。

なんだか全然まとまりがありませんが、ちょっと重い気分でいろんなことをぼんやり考えたお正月という感じでしょうか。

明日からは、気分を変えていきましょ!

あけましておめでとうございます。

   
    あけましておめでとうございます。

IMG_9129.jpg

年末にもう少し更新したかったのですが、あっという間にお正月。
年々時の過ぎるのが早くなる気が…
体は動いてないのに…というか動かないから、なにもしないうちに過ぎてしまうのか…

昨年前半は石に悩まされ、後半はゴスペル関係でいろいろあったり。
そういえば、一番の関心ごと悩みが自分のことというのも最近では珍しいことでした。
読書熱もずいぶん続いて、けっこう読んだんじゃないかな?
最近また冷め気味ですが、新聞の今年の1冊みたいな記事を読んだら、また読みたくなってきましたよ。
それから、年末に生地の整理をしていたら、久々作りたくなってきました。

子供達の方もいろいろあるものの、それぞれやりたいことをしながらけっこう平和に過ごせているみたいです。

娘の方は、絵を描くのと動物関係の事が一番興味ある事みたい。
ちょっとした夢みたいなことも最近はよく話してます。こちらはまた今度ちょっと書こうかと思ってます

息子の方は、春には中学卒業。
いろいろ考えて今のところ来年の過ごし方は決めたみたい。
でも、いろいろ思うとこがあるようで、ちょっとイライラしたりの年末でしたが、
年明けてからはいつもどうりにもどったみたいです。
(このイライラもつい私にもうつって、
一人機嫌悪いと家中なんだか嫌~な雰囲気になってしまいがちなので、
子供のイライラに左右されない心を持てるようにしないと!
と改めて思いました。)
昨年はやりたいことも自分なりに考えて少しづつやってみたりして、
ちょっとづつ手ごたえを感じているんじゃないかな?
自分のやりたいことをコツコツと続けていくという姿には本当に感心してしまいます。

さてさて、今年はどんな年になるでしょうか?

昨年目覚めたお片づけ熱。
上がったり下がったりしてますが、今年も持続させて、スッキリした年にしたいな~
それから、もちろんみんなで笑って過ごせる楽しい年に。

そして、こちらに来て下さる皆さんも素敵な年になりますように。

今年もよろしくお願いします。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。