私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

かんざし

私の髪の毛はとても多くて、固め。
束ねるとすごい太さになってしまう。
ポニーテールも、お侍のようだし、
ようやく伸びたので(憧れの)三つ編みにしても変。
バレッタで止めるのも、けっこう大きなものを使わないと留まらない。

そんななので、鎌倉で見かけたかんざし屋さんで、
私の髪でも大丈夫と言われて、きゅきゅっと丸めて、かんざし1本でしっかりまとまった時には感激でした。

それからは、着物を着る時など、本当に重宝。
洋服の時にも使ってます。
でも、和柄なのでもう少し違う感じのもほしいな~と思っていたら、

臨時で出店していた木のアクセサリー屋さんで見つけました。
微妙なカーブと、木の艶がうつくしい。
でも、先のほうなど細くなっているので、私の髪でも大丈夫かな~?

お店のおじさんのこの通り(くわしいプリント付き)にやれば絶対大丈夫の言葉を信じて
買ってきました。

なかなかいい感じ。
熱くなるこれからの季節、活躍しそうです。

IMG_7753.jpg


ちなみにあこがれの三つ編みは、髪が伸びて、ずいぶんすいている今ならどうにか出来るのですが、
残念な事にもう三つ編みは似合わないお年頃になってしまいました…

 残念…


スポンサーサイト

ぴったりなノート

娘と二人で日記をつけ始めました。

なんかちょうどいいノート無いかな~
なんて言っていたら、
旦那さんが、「ラクダのノートは?」と。

そうそう、すっかり忘れてしまっていたけれど、
『笑うラクダノート』があったんだ

旦那さんが長期出張の時にいろいろ買ってきてくれたお土産の中の一つ。
このラクダ絵ハガキもあったりして、お気に入りなのだけれど、
このノート使うとなると、もったいなくて簡単には使えないな~と思っていたの。

でも、日記ならいいかも。
しかも今回の日記は、その名も『うれしい日記』
その日あったうれしかったこと、良かったこと、楽しかったこと、感動したこと
なんかだけを書く日記。

この笑うラクダを見ただけでちょっと嬉しくなるし、
ぴったり~。

IMG_7749.jpg

そして日記をつけ始めてもう1カ月半ぐらいたちました。

この日記を始めるきっかけとなったのは
お友達から勧められた本。

本にもあった通り、日常の良かったと思うことって、本当にささいなことの方が多い。
でも、書くことによっていつもは気付かなかった「良かった~」と思う気持ちを意識の中にとどめておける。
そして、体調悪くて病院に行って、ひたすら寝て。その他のことは何もしてない。
というような日でも、今日の良かったことは?と考える。
すると、少しではあるけれど、良かったということに思い当たる。そして少し幸せな気持ちになる。

娘と毎晩寝る前に「せ~の」で書き始める。
今日良かったことって何だっけ?、今日は何も無かったな~、あっそうだ、あれもあったんだ。
なんて言いながら。
そして娘は毎回見せてくれる。
いつもは面白かったTVのこととかが多いのだけれど、
そうか、こんなことがうれしかったのか、なんてことも。

このノート裏表かけるので、なかなかページが進まないのだけれど、
いつかこのノートに「いいこと」が一杯になったらうれしいな~なんて思いながら、
また今日も書きます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。