私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

くずもち

くずもち作ってみました。
感激のおいしさでした。

IMG_7489.jpg

前から作ってみたかったのだけど、子供たち食べなそうだし、
練るのがちょっと大変そうでうまくできるかな?と思っっていたので、なかなか手を出せませんでした。

でもこのところちょっと胃の調子が悪くて…
でもなんかおやつ食べたいな~これならいいかもと、
作ってみました。

以前くずもちを買ったときはみんな食べなかったのに、これはおいしかったみたい
娘なんか、おいしい~と何度もおかわり。
「また作ってね」といううれしい言葉まで

売っているのより、ちょっとやわらかめで、ツルンという感じがよかったのかな?
黒蜜も手作りで~す。

葛は、体を温めて、おなかの調子を整えてくれるそうです。
葛根湯にも入ってるんですよ。

今回のレシピは、
こちらの本からです。
安心おやつ安心おやつ
(2008/04)
島田 典子

商品詳細を見る



スポンサーサイト

アップルパイ

のってるときはいくつも作りたくなってしまう。
クッキーを作った時にアップルパイも作りたくなって、とりあえずパイ生地だけ作っておいた。

でも、前の日にクッキーをたくさん食べちゃったので、なんだかいまいち食べた~いという気分にならず。
でも、とりあえず作っとこう



夕食のデザートとなったアップルパイ、やっぱりおいしいね~

IMG_7435.jpg


お砂糖を入れる所、間違えて塩を入れそうになり、(ちょっと入れて気がついて、取り除きました
色も違うのに(うちのお砂糖は茶色なの)こんなマンガみたいな間違えするなんて~と、一人あせりました。
でも無事に食べられて良かった。



アメリカのパイのことが書いてあった本のレシピを参考にしてみました。

リンゴは生のまま入れるので簡単でした。

アップルパイの中身レシピ

リンゴ紅玉       400グラムぐらい
砂糖          80グラム(私はかなり控えめにしました。)
コーンスターチ     大さじ1  (なかったので片栗粉)
シナモン        小さじ4/3
ナツメグ        少々   (なかったのでなし)
レモン汁        大さじ1
レモンの皮すりおろし  少々    (なかったのでなし)
バター         20グラム  (10グラムにしました)

後、書いてないけど、水分が多いかと思って、底にパン粉を敷いてからリンゴを入れました。

バター以外の材料を混ぜて、パイ皮をしいたパイ皿に詰める。
バターを散らす。
上にパイ皮をかぶせ、空気穴をあけ、210度で10分、180度に下げて30~40分焼く。
途中焦げそうならアルミ箔をかぶせて。


基本のパイ生地22センチのパイ皿、底と、ふたの分

薄力粉   200グラム
無塩バター 120グラム
塩     小さじ1
冷水    大さじ3




ピーナツバタービスケット

あ~なんか作ったお菓子が食べたいな~と、
このところずっと思っていたのだけれど、
お菓子の本を眺めてはう~んこんな気分じゃないとか、
寒くてバターをクリーム状にする気力がないとかそんなこんなで日は過ぎ…

でもようやく暖かくなったので、バターもクリーム状にしやすいぞ!とクッキーを作ることにしました。
残っていたピーナツバターを入れて
ピーナツバタークッキーにしました。

IMG_7423.jpg


型のいらないビスケット型のいらないビスケット
(1997/10)
大原 照子安東 紀夫

商品詳細を見る


こちらのレシピです。
この本、英国トラディショナルレシピが3分の1、残りは大原さんのオリジナルだそうです。
しっかりバターもお砂糖も入っているので、作るときはちょっと勇気が要りますが、(ちょっと大げさですね)やっぱりおいしい。
いくつかまとめて作ってストックしておくといいよね~なんていいながら、
おいしくて、ついついおなかにストックしてしまいます。
あぶない あぶない


しずくのぼうけん

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)
(1969/08)
マリア・テルリコフスカ

商品詳細を見る


この本、霜柱を見ると思い出します。
私が小学校の低学年のころに大好きで、このしずくの絵を描いて父に凧を作ってもらったけ。
図書館で借りたからうちにはなかったので、息子が小さい頃本屋さんで再会して買ってしまいました。

ある すいようびの ことだった
むらの おばさんの バケツから
ぴしゃんと みずが ひとしずく
とびだして ながい たびに でた
ひとりぼっちで たびに でた


こんな風に歌う調子でしずくのぼうけんが始まります。
よごれたしずくがクリーニング屋さんに行けと言われたり、蒸発して雲になったり、
雨になって降りてきたら、氷になったり、川に流されてじゃぐちから出てきたり。
水の気体になったり氷になったりの流れが、リズムある言葉で語られ、楽しいお話になって身近なものとして感じられます。

霜柱を見ると
雨となって落ちてきたしずくが、岩の割れ目に落ちてしまって、翌朝氷になってバン!と岩を粉々に砕いてしまう
という所を思い出します。
本当は小さなしずくで、昨日は普通の地面だったのに、今日は急にこんなに盛り上がって大きくなってすごいな~って


氷の世界

庭の霜柱

IMG_7404.jpg

まっすぐな氷の結晶が美しい。
しゃらしゃら~と音を立ててなぎ倒したくなってしまいます。
IMG_7405.jpg


よくよく見ると、
二段になってる。
前日もすごく寒かったから、残った前日の氷の下にまた出てきたのかな?
すごいな~
IMG_7408.jpg


へんなめがね

息子がちょっと作りたいものがあるんだよな~と、
久々作りました。


ジャジャ~ン



IMG_7410.jpg


どんなゲームでもシューティングゲーム(というのかな?)感覚で出来ちゃうというめがね。
ドラえもんのポケットにでも入っていそうな代物です

どこかのHPでみつけたペーパークラフトですが、
どうなんだろうね~これ?と言いながらも、かけて見えるであろう映像にちょっとわくわく

完成しましたが、

やっぱりだめだ~これ~

本当だ~ だって、目の焦点が合わないもんね~
まあよく考えてみれば、そうだけど。
でも、こういうくだらないものってけっこう楽しいもんです。


IMG_7412.jpg

これをかけてる姿を想像するだけでけっこう笑えます。


でね、

息子はずっと工作が好きだったんですよ。
それが、いつの間にか作らなくなって、そして最近は先端恐怖症のようで、
とがったものが苦手になってしまったんです。

だから、刃物も苦手。
これを作ると言ったときは内心やっぱりうれしくって。

でも、メガネの中を切るのはやっぱりカッターを使わなくては出来ないので、
工作用カッターを出したのですが、
「やっぱり無理だ~ちょっとお願い。」と。

そうかカッターまだ無理か…でも、ここで私ががっかりしちゃいけないね!と、
ささっとメガネの中をくりぬいたわけです。

で、そのあとやっぱりいろいろ考えちゃって、
そういえば、前にすごくこまかそうだけど、出来上がりのすごいペーパークラフトのサイトを、
こんなのあるんだよと見せてもらったのだけど、
あれ?もしかして自分で切れそうにないから作らないだけで、切ったら作りたいのかな?
なんて思ったんです。
なので、どうかな?と思いつつ、
さりげなく、
「あのさ~前に見せてくれたペーパークラフト、作りたいんじゃないの?切ったら作る~?」
なんて言ったら、

「え?」

「だって、カッター使えないんじゃないの?」

実は、この前のメガネの時はカッターのキャップが外せなかっただけなんですって。
でも私が切っちゃったから、まあいいかと思って言わなかったとか…

な~んだ~
親の心子知らずだわ…

まあ切れるならいいけどさっでも、本当は、切るのもまだ本当は難しいんじゃないのかな?
と怪しんでる母でした。







ヨコヅナマドンナ

ヨコヅナ・マドンナ [DVD]ヨコヅナ・マドンナ [DVD]
(2009/04/03)
リュ・ドックァンイ・オン

商品詳細を見る


ちょっとぽっちゃりした男の子オ・ドングはマドンナにあこがれる男子高校生。
いつか本物の女の子になって憧れの先生に告白したいと夢見ています。
そして、そのための手術費用を得るためにシルム(韓国相撲)の大会に出ることに…


詳しくはこちらをどうぞ ヨコヅナマドンナ

いろいろ書きたいことはあったのだけど、なんだか書いているうちに収集つかなくなりそうなので、
やめちゃいました。

前から気になっていたのだけど、これ良かったです。

笑える話なのかと思ったら、結構いいとこついてて気がつけば涙、涙。

大変だけど、ほんわか明るく見えるドングの、
ただ自分の人生を生きたいだけなんだというせつなく強い思いや、

飲んだくれの荒っぽい父親の最後に見せる子供への思い。

もちろん笑えるところもたくさん。
特に相撲部の重量級の先輩たちとの場面はまた見たい。



「他人がかわいいと思うものなんて何の意味もないわ。
自分の好きなように素敵に生きること」

本当そうだよね。
この先きっともっと大変なことがあると思う。
でも自分のことを好きで信じて生きていくのが一番だよ
そんな母親の思いが伝わってくる言葉でした。


憧れの先生は草なぎ君でした。
主役のリュ・ドックァンはこのために27キロ増量したとか。
女の子っぽい男の子をすごく上手に演じてました。
今ははどんな感じなのかと思ったら、痩せてかっこいい男の子になってました。
すごいな~

サムイデスネ~

キョウハサムイデスネ~

IMG_7396.jpg

朝起きたら、私の編み物セットので暖を取る人発見!
そうそう、今日は寒かったからね~
自分で入ったの?
そんなわけないよね~

犯人は息子でした

歌うことって…  ヤング@ハート他

ヤング@ハート [DVD]ヤング@ハート [DVD]
(2009/05/20)
スティーヴン・ウォーカー

商品詳細を見る


ホームエデュケーションママ達のブログそれぞれのおうちライフで紹介されてたので気になって見てみました。
(もう去年の話なんですけど

平均年齢80歳のおじいさん、おばあさん達のロックンロール・コーラス隊のドキュメンタリーなのです。
詳しい話はこちらをどうぞ ヤング@ハート


もちろん歩くのもよたよたしたり、体の老いには勝てないけれど、
みんな歌うことが楽しそうで、難しそうな曲にもチャレンジしていく姿がすごいな~って
中には90歳過ぎてる人もいるのだけれど、みんな生きることを楽しんでるって感じ
自分とは違う種類の生き物なんじゃないか?と思ってしまうほど
そして元の曲みたいではないんだけど、このグループに味付けされた歌にはすごくいい味があって、
歌って心だな~と思った。
そして心のこもった歌は、聴く人も、歌う人も元気にするんじゃないかな。

今年日本に初来日するそうですね。

で、歌つながりでこちらを書きたかったの。

最近見なくなってしまったのだけど、好きなTV番組地球ドラマチックここで先週と今週の二回にわたってやる
『町中みんなで合唱団!~イギリス 涙と笑いの猛特訓~』
こちら、合唱指導のカリスマ、ギャレス・マローンが、活気もなく娯楽も少ないロンドン郊外の町サウスオキシーで、住民たちに自信と誇りを持ってもらうため合唱隊を作り上げるというもの。

去年、『クワイアボーイズ』という題名で放送された番組
こちらは、ギャレス・マローンが、合唱なんかに全く興味を持たないというスポーツの名門校として有名な、イギリスの男子校ランカスター校(男子校)に合唱隊を作るというもの
これを見て、歌うのって楽しそう、あんなふうにどうやったら歌えるの?と娘の歌いたい!に火がつきました。
(今はずいぶん弱火ですけどね

この先生の熱心さや、みんなを引っ張っていくうまさもあると思うのだけど、
どんどんうまくなっていったり、歌なんて歌ったことないなんて子たちがすごくうまかったり。
歌うことでみんな変化していくその姿が良かったし、私もやってみたいなという気になったんじゃないかな?

今回の放送も、前半は終わっちゃいましたが、明日がまた楽しみ。
どんなふうになるんだろう?

そして、歌ってすごいなとまた改めて思ったんですよ。

クワイアボーイズの動画をみつけたのでのせておきます。
発表会の所だけなので、またどこかで見れる機会があるといいんですけど。





2月8日から12日まで
NHK BS1 BS世界のドキュメンタリー 午後9:10~10:00で、
クワイアボーイズの総集編とその後
と、今回のサウスオキシー合唱団のも続きも含めやるようです。
今回のまだ続きがありそうと思っていたので、うれしい忘れない様にしなくちゃ。



福袋

久しぶり、福袋を買ってみました。

フェアトレードのお店のもので何が入っていてもそれなりにいいかな?
と思ったのと、洋服も気になっていたので思い切って大きいのを買ってみました。

メインはブラウス色がちょっと地味だったけど、ラインはきれい。
このお値段では買えないので、ラッキーでした。
後は、ひざかけ、肩に羽織って使うようなマフラー&指なし手袋、カラフルなカレンダー

で、それなりに良くって、
でもちょうど手袋なくしちゃったと思っていたところだったので、
一番うれしいのは手袋かな?なんて思っていたんです。

毛糸物はそんなにほしくなかったんだけどなんて少し思ったりして

そして今日またまた着物。
寒ーい部屋で着替えて知らぬ間に鼻水出ちゃうぐらい冷え切って、
寒いよ~寒いよ~なんてうろうろしてたのですが、
ふと椅子にかけておいた福袋のひざかけをはおったら、

あったか~い。

ストーブの前にいてもなかなか暖まらなかったのに、
首から背中がじんわりあったかい。
すごいわ~やっぱり手紡ぎの糸だけある。
すごいな~手紡ぎ、すごいな~手編み、すごいな~羊。

やっぱり手仕事っていいですね。
触っているだけでほんわか嬉しい気持ちになるしね。

毛糸物はあんまりほしくなかったなんて思ってゴメン。
今はこのひざかけが一番うれしいかも

私も紡がなきゃ


IMG_7378.jpg

初詣

今年は1日に義母の顔を見に義妹宅へ行く以外は
特に予定もなくのんびりとしたお正月だったので初詣も3が日のうちに行ってきました。
こんなに早く行くのは初めてかも。

込んでいるだろうとは思っていましたが、やはり…
駅前からずっと歩行者天国になっているのにびっくり。

段蔓を歩いてようやく到着
まだ本宮は見えないけどすごい人
いろんな出店が出てます。占いみたいなのもあってちょっと気になる。
なつかしいのは、ハッカパイプこれ好きでした。必ず途中で笛を吹いちゃってお砂糖がしけっちゃうの。
娘は帰りにお決まりのブドウ飴を食べました。
IMG_7358.jpg

けっこう前まで行けたけど、ここでストップ大画面のあたりでロープ規制されてます。
日蔭は寒いわ~
IMG_7360.jpg

ようやく階段下まで来ました。
もうちょい。
IMG_7363.jpg

無事にお参りを済ませました。
今年もみんなが元気に楽しく暮らせますように。

途中の材木屋さん
トラがかっこいいね。
IMG_7357.jpg

今回、初!着物での初詣にtryしてみました。
ずいぶん防寒していたので、体の真ん中はあったかかったのだけど、
足先や、脇や首からす~っとくる風が寒くって。
いつも人より多く着こんで、外に行く時は毛糸の帽子を手放せない私にはちょっときつかった。
でも、着物のお出かけはやっぱりちょっと楽しい。

今回きっと人ごみで具合悪くなって帰ってきそうという息子はお留守番でしたが、
正解だったね。


今年もどうぞよろしく

    あけましておめでとうございます

IMG_7338.jpg


昨年なにがあったかな~?とブログを見返してみると、
昨年はなかなか更新できなくてあまり書けないいなと思ってましたが、いろいろありました。
ブログ書いてなかったら思い出せなかった

子供たちも、昨年はこんなだった~なんて大きな変化はなかったけれど、
一年前よりは確実に成長し変化してますね。

いろんな場面での少しの成長を感じられて嬉しいな。
こんな時、ホームエデュケーションでよかったと改めて思います。
だって、以前の私だったらきっと、あれも出来ない、これも出来ないとそんなことばかり思っていただろうから。
二人それぞれの成長の仕方を応援していきたい。
そして、今年もまた日々の暮らしの中の楽しさをみつけていきたいな。


年末ちょっと寝込んでしまって、ちょっとしか作る予定にはしてなかったけど、
どうしよう~と思いましたが、
31日夕方から、ちょっとだけつくろうとやり始めたら、
結構出来てしまってホッとしました。

今年作ったのは、黒豆、お煮しめ、なます、田作りです。

今日は久々着物着てみました。
娘も、去年いただいてあげをしておいた着物を着たら、もう短くなってる~
すごい勢いで伸びてるみたいです。


なにはともあれ、 今年もよろしくお願いします。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。