私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

ちいくま旅に出る

ちいくまたち旅に出ました。
ジャングルに行ったり、砂漠に行ったり、雪山に行ったり、
映画館へも・・・
スポンサーサイト

トマト

前に作ったアニメです。
プチトマトがたくさんあったので作ってみました

ようやく再開・・・

お天気も良く、気持ちがいいので、
と~っても久しぶりに手紡ぎ再開です。

いつ買ったんだ?という羊毛。
いろんな種類、いろんな色のミックスです。

001_20080424225653.jpg


洗ったままなので、これをカーダーにかけて毛をほぐしていきます。
005_20080424225706.jpg

今回は、毛束が以外ときれいになっているので、
フリックカーダーでやってみました。
006_20080424225739.jpg

端をまとめて持ってトントン叩くと、ほぐれてふわふわになります。
ほぐれてふわふわになるのが、気持ち良くって、ついつい夢中になります。

ふわふわになったら、最初の3倍?ぐらいの量になりました。

そして、とうとう紡ぎ車の登場です。
ご無沙汰してたけど、
油をさしてロウを塗ったら、ちゃんと回ってくれました。

001_20080424225805.jpg


どんな糸が出来るでしょうか

ビスコッティー

ちょっと前にビスコッティーの新しいレシピを教えてもらいました。
アーモンドと、ラズベリーの組み合わせがいいよとのことで、
そのとうりに作ってみました。
前のはバターが入ってなくて、こねるときに結構堅かったのですが、これは意外と柔らかい。

なかなかいい感じ~
おいしかったです。

003_20080418111353.jpg


アーモンドのごろっとしたのがいい。
ドライラズベリー初めて使ったのですが甘酸っぱさがレーズンとはまた違っていいですね。
今度はもう少し多めに入れちゃおうかな

なんだかなつかしい

息子から、図書館で前に借りた 『おまけ』 の本を借りてきて~とリクエスト
なんかそんなのも借りたような・・・でも覚えてない・・・
探してみたけれど、それらしき物がないので、

こんな本を借りてみました
少年少女レトロ玩具箱 全集・シリーズらんぷの本 (らんぷの本)少年少女レトロ玩具箱 全集・シリーズらんぷの本 (らんぷの本)
(2003/08/13)
落合 紀文

商品詳細を見る


昭和20年~30年ぐらいのころのおまけや、
パッケージなどがいろいろ出ています。
私が子供のころより少ーし前の感じですが、
こんなのあったよね~と、なつかしい。
おもちゃの腕時計とか、おまけで付いてきたようなレコード盤
何かのおまけのようなプラスチックの車とか、

こんなの持ってたよ
こういう懐かしものの雰囲気が好きな息子にも見せたかったな~
昔のふろくとか、おまけとか、なかなか捨てられなかったけど、
あるときどっと捨てたりして、もう手元には残っていません

何かのおまけの郷ひろみのバインダー別に好きじゃなかったけど、
いとこのお姉さんに頂戴と言われても、なんだかもったいなくてあげなかったな~とか、
科学と学習のふろくっておもしろかったなとか、
いろいろ思い出します。

本の中に森永のキャラメルの中箱の裏にペーパークラフトの展開図がついているのがありました。
とっても簡単そうなのから、ちょっと手の込んだものまでいろいろあっておもしろそう。

その中でちょっと大きめにのせてくれているのがあったので、
さらに拡大コピーをして息子が作っていました。
サイドカーだそうです。
003_20080418111313.jpg


004_20080418111320.jpg


息子の所にもなんだかごちゃごちゃとあるけれど、
ずーっと持っていれば、そのうち日の目を見る日もくるかな??
何に価値が出てくるかなんてわからないよな~
と、この本のいろいろごちゃごちゃとつまった引き出しを見て思ったりします。

あんまり天気がいいので、
牛を連れて野原に散歩に出かけました

ン モ~~~ゥ

023.jpg


好きな場所 続き

この日は、週末だったので、
なるべく早くと思って、勢い込んで出かけたら、
なんと、一番に入っちゃいました。

なので、最近出来たという長~いローラー滑り台や、
ピラミッド型のロープで出来たジャングルジムみたいなのとか、
独り占めです
でも、ローラー滑り台何か対策をしないと、長すぎてお尻がいたくなって、たくさんは滑れません
娘が気にいったのは、サイクリング(自転車も貸してくれます。)車とか気にしなくていいから、楽しかったみたい。
結構長いので、一周まわっても日頃動かない身には、良い運動になります。

後、他の家のワンちゃん撮影
勝手に撮影させていただきましたが、次から次へと、いろんなワンちゃんがやってくるので、被写体には不自由しませんでした。
033.jpg

好きな場所

春になると、いつも心の隅で行きたいな~と思う場所
でも、行こう!!とまではなかなか思えなくって・・・。
行くなら誰もいない早朝と思っているから、余計にいけない

先日久~しぶりに行ってきました。

026.jpg


前に来たときは、息子がまだ小さくて、娘はまだいなかったから、
10年近く前??

息子のも出来ました

息子から注文がきていたDSケース
出来ました~

005_20080406234834.jpg


歴史が古いらしい・・・

御存じでしょうか?

『大型行軍将棋』
かなりレトロな感じです。
私は、初めて見たのですが、うちの旦那さんは、小さい頃やっていたとか・・・

このゲームは、未知の敵地へ行軍し相手の総司令部を占領するという対戦型ボードゲームで、
明治時代の日露戦争ごろから人々に親しまれています。

と書かれています。
この雰囲気どうり、歴史は古いのですね。

006_20080404152404.jpg


どうやって遊ぶかというと、

駒には、それぞれ大将、中将、小将、大佐、中佐、少佐、大尉、中尉、少尉、騎兵、工兵、スパイ、地雷、軍旗、ヒコーキ、タンク、など役割があり、それぞれ動き方、強さなどがあります。
(この時点で私の頭は、こんがらがってます
総司令部を先に占領した方が勝ちなので、作戦を練りながら、自分の駒を自分の陣地に伏せておきます。
そして、順番に駒を動かしながら、進んでいきます。相手の駒にぶつかると、勝負、と言う事で、
審判の人が百ます算のような勝負表を見て、負けた方を、盤面から外していきます。

私は、今回初めてやったのですが、
この始めの駒を置く所で、???作戦が立てられません。
何だかいつもと違う頭を使っているようです
息子にヒントをもらいつつ、でもわからなくなって、最後は、適当に駒を置きました。

今回は、いつも漢字が読めないから嫌と言っていた娘に審判をお願い。
勝負表も拡大して、ふりがなを振りましたが、小将、少佐、少尉など、むずかしい、しかも興味ない名前ばかりで、判読するのも一苦労
のんびりのんびり行軍していきました。

結局勝負は私の負け~。
多分まだ数回しかやったことないと思うのだけれど、息子は自分なりに作戦を立てていました。
兵隊ものの好きな息子には、わくわくするゲームなのでしょう。
確かに1度やってみると、ダメだった所がわかって、次の作戦を考えたくなる。
頭を使って考える結構楽しい遊びの様です。
さすが古いだけあるわ。

予定外の素敵なお出かけ

のばしのばしで、なかなかやらなかった用事、
忘れないうちに、とにかくやらなきゃ!と、
勢い込んで出かけたのですが・・・。

電車発車して、次の駅位で、気づきました。

忘れ物・・・。
それがなくっちゃ話にならない
ガガ~~ン   何のためにここまで来たんだ・・・・・・・・。

今更戻ってもまた出かける気には、ならないだろうし、
今から行く所もない。と言うか、娘と意見合わず・・・。

あーでもない、こうでもないと言いつつ、
半ば強引に私の行きたい所へ。
手芸屋さんにちょっと寄りたかったのと、ちょっと元町をぶらぶらしてみたかった(^u^)
でも、このぶらぶらするの娘は好きじゃないの(>_<)
なので、ぶらぶらする間もなく目的達成。
これからどうする?

お昼パンが食べたいと言うので、途中でパンを買って公園で食べようか?
ということに。
山下公園と、思ったのだけれど、久々に『港の見える丘公園へ』
桜もちょうど満開で、きれいでした。
晴れていたので、眺めもいい


011_20080402235814.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。