私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

松で・・・

先日、お隣さんから、選定した松の枝をいただいて、
どうしようかな~と思っていたのです。

うまく活けられないし~

で、ちょっと思いついて作ってみました
松と、南天の実でリース。
006_20071227230649.jpg


ちょっと野性味あふれる豪快な出来になりました。
でも、なんだかちょっと足りないような…
ネズミでも入れてみようかな?どうしたらいいのでしょう??

そしてこちら。
003_20071227230727.jpg


この隣はまだクリスマスです・・・

年の瀬って早いですね~

スポンサーサイト

クリスマス

クリスマスケーキ作りました。

泡立てが面倒で、ちゃんとしたスポンジケーキを作るのは、子どもの誕生日と、
クリスマスぐらい。

今回も久しぶり。泡立てのミキサーが無いので、手で泡立て開始。
前は、ずいぶんかかったような気がして、覚悟して始めたのですが、
湯煎したあたりから、なんだか、調子いい。
あっという間に泡立って、なんだかいい感じです。

焼き始めて、数分。あれ?いつもと違う?なんだかふくらみがいい
焼きあがってみたら、いつもより、膨らんでるみたい

いつもと何が違ったんだろう?
とってもうまく焼きあがりました。

飾り付けをして、
出来あがり~

006_20071225104121.jpg

クリスマスの飾り付けは、息子がしてくれました。
クリームたっぷり、イチゴたっぷり、我が家にしては、リッチなクリスマスケーキが、出来上がりました~

そして、本日のごちそう。
007_20071225104137.jpg

チーズフォンデュ他です。
子供達は、これがあれば他はいらないという感じなので、品数少ないですけど、
喜んでもらえれば、いいよね
旦那さんの好きな、マカロニサラダも、これでもかというほど作りました。

今年は、フォンデュ鍋買おうかな~と思っていたのですが、
良い出会いが無く、結局いつもの土鍋です。
でも、これもうちらしくていいかもね。


あすはたのしいクリスマス

4593501563.jpg
あすはたのしいクリスマス

『クリスマスの前の晩』(The Night Before Christmas)で、親しまれている、クレメント・ムーアの詩に、トミー・デ・パオラが、挿絵をつけた素敵な絵本です。

陽気で、まるまるふとったサンタクロースのイメージを世界中にうえつけたのは、この詩による影響が、大きいそうです。
このサンタの雰囲気や、クリスマスイブのシーンとした、静かな夜の雰囲気が、伝わってくるような挿絵が、ステキです。
絵の縁取りもページごとに違って、楽しませてくれます。

 クリスマスの まえのばん
 いえじゅう すっかり しんとして
 ネズミいっぴき あばれない

 えんとつのしたには
 くつした つってある
 だって サンタのおじいさん
 もうすぐ やってくるからだ

 ベッドのなかでは こどもたち
 きもちよさそうに ねむってる
 ゆめにみるのは なんでしょう?
 あまくて おいしいさとうがし

 かあさん いつものずきんを かぶり
 とうさん キャップを あたまにのせて
 ながあい ながあい ふゆのよの
 ねむりにはいったとこでした・・・・

  
さあ、今夜うちにもサンタさんやってきてくれるかな?




ピアノ演奏中

先日、娘が友達のうちで、作ってきた折り紙のピアノ
私にくれると、言っていたのに、
こんな所で、くまちゃん一心不乱に弾いてました

002_20071221195953.jpg


ずいぶん前に作ったブランコ
久々にみんなで、乗ってました。
大根ちゃんは、二人乗り
後ろに押す人もいます。
気をつけてね~

012_20071221195730.jpg

もちもちドーナツ

先日、ホームシューレの方たちとクリスマス会をしたのですが、
その時のプレゼント交換で、当たったモチモチドーナツ

013.jpg


作ってみました~

010_20071221195739.jpg


ココアを入れたのと、ゴマを入れたの。
ココアの方は、砂糖をまぶしたのと、チョコをからめたの。
ゴマの方は、粉チーズと、チョコ
たくさん作りました

とっても簡単で、
ふわっとしておいしく出来ました。
生地自体の甘みも、少ないので、何しても良さそうで、
重宝しそう
今度探してみよ~

息子は、ココア&砂糖
娘は、ココア&チョコ
私は、ゴマ&チーズ
が、好きでした。

たくさんあるから、明日もと思っていたけれど、
あれれ?
もうありません。お父さんの味見分も無かったね~

神の道化師

6年生の本読みで、読みました。

ehon904.gif
神の道化師神の道化師
(1980/01)
トミー・デ・パオラ、ゆあさ ふみえ 他

商品詳細を見る


浮浪児のジョバンニは、何でも空中に投げあげ、くるくる回すのが、上手でした。
そのうち、旅芸人の仲間に入り、腕を磨き独り立ちします。
名も知れ、人気者になりますが、年にはかてません。
落ちぶれてしまったジョバンニは、ふるさとの町に帰ります。
教会の隅で、目を覚ましたジョバンニは、イエス様の誕生日と知り、誰もいない教会で、
イエス様に、自分の芸を贈り物としてささげるのです。
そして・・・・その時奇跡が起こります。


フランスに古くから、ある民話を、トミー・デ・パオラが、自身の人生経験と重ね合わせて、脚色したそうです。
この本、最後は、ちょっと悲しいのですが、(毎回泣きそうになります。)
ただかなしいだけでなく、幸せな余韻もあり、とても心に残ります。

宗教的な所など、本当に理解は、出来ていないのですが、
でも、その厳かな雰囲気が伝わってきます。

この中で、ジョバンニが、行う曲芸の場面が、何度も出てくるのですが、
そこが、とても美しくて、好きなんです。
そういえば、以前に作った娘の帽子に付けたポンポンは、この玉をイメージしたのでした。

娘にはじめ読んだ時、悲しいから、嫌と言っていたのですが、
その後、何度も読んでと持ってきてました。
どこかが、気にいったのでしょうね。



コーラス

コーラス メモリアル・エディションコーラス メモリアル・エディション
(2005/12/22)
ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン 他

商品詳細を見る


親のいない子や、不良などが、集まる「池の底」という寄宿学校に赴任してきた、
失業中の音楽教師、マチューが、はじめは、子供たちの行いに戸惑うものの、
音楽を通して、子供達も、自分も、生きる喜びを取り戻していくというお話


はじめは、締め付けのきびしい、校長の下、いたずらなど、悪さばかりしていた子供たち。
もしかしたら?という思いで、合唱団を、結成していくのですが、その中で、だんだん生き生きと、輝いていく子どもたち。
さすがの校長も、少しの変化が・・・。

問題児と言われる子も、本当に悪い子たちでは、ないんですね。
一人一人、それぞれ、何か辛いことがあって、だんだん心を閉ざさざるおえなかった・・・(ここでは、多分戦争かな?)
そのことに気付いてくれる人が居て本当に良かった。

子供たちの歌もとても素晴らしいのですが、中でも、一番の問題児だと言われていた少年ピエール(ジャン・パティスト・モニエくん)の歌声が、すばらしい。
実際に、合唱団で、活躍していたそうなのですが、歌声を聴くだけで、涙が出そうになってしまいます。

そして、この映画、合唱団が、成功して、いかにも!、の感動!!で終わるわけでもなく、さらっと、でも、心の中に何か残していくような、そんなところが、また良いです。

フランスでは、大ヒットし、合唱団に入る子が、急増したとか。
わかる気がします。
大好きな作品です。

サントラも良いですよ。試聴はこちら

ちなみに、私の最近の目覚まし音楽は、11番

紙飛行機

先日、息子が、紙飛行機を作りました。

もともと、飛行機は大好きで、今も時々自家用飛行機っていくらするんだろう?とか、
維持費は、どのぐらいだろうとか?
昔の飛行機の方が、操縦が簡単そうだなどなど、
飛行機の話題は、出ていましたが、
紙飛行機を、いくつもいくつも作ったりしていたのは、遠い昔・・・
という感じでした。

で、この間図書館に行く時に、飛行機の本があったら借りてきて。
というので、読んだことあるよな~と思いつつ、図鑑と、この本を借りてきました。

ライト兄弟はなぜ飛べたのか―紙飛行機で知る成功のひみつ (やさしい科学)ライト兄弟はなぜ飛べたのか―紙飛行機で知る成功のひみつ (やさしい科学)
(2005/04)
土佐 幸子

商品詳細を見る

この本は、ライト兄弟が、飛ぶために飛行機を作る時に、どんな工夫をしたのか?どんな発見をしたのか?という事を、紙や、いろいろな紙飛行機を使って、わかりやすく説明してくれています。
私は、読んでいなかったので、どんな内容だったのか、わかっていませんでした。

作ったよと言って、飛行機を飛ばしてくれたのですが、
空気にのって、滑るようにいい感じで飛ぶんです。

今まで、紙飛行機作ったりしていた時も、良く飛ぶのもあったり、
ねじれて飛んだりするのや、すぐ落ちちゃうのがあったり。
見よう見まねで調整したりしても
なんだか良くわからないという感じだったのですが、

今回のは、なんだか確かな感じ
飛ばしていいよというので、やってみると、うまく飛ぶので、気持ちいい

002_20071218012513.jpg

で、秘密は、ここでした
この、後ろの調整で、まっすぐ飛んだり、曲がったり、上向きに飛んだり、
いろいろ出来るんですって。
003_20071218012522.jpg


で、この本では、ここの所が、うまく、紙飛行機を使って、説明されているんですね。
私もようやく読んでみて、ようやくわかりました。
説明は、出来ませんけど、^_^;
他の本などで見ても、この飛ぶ仕組みや、バランスを取る仕組みが、いまいちわかりにくかったのですよね。

で、息子ですが、前に読んだ時にも、作ったのだけれど、うまくいかなかった。でも、
今回は、うまくいったそうです。
その、バランスを取る仕組みが理解できたということでしょうか。

ちょとおおげさですが、
頭の中で、わかった事が、実際にやることによって、確実に理解出来た瞬間だったんじゃないかな~
これってすごい
こうやって、知識って、身ににつくのかなと思っちゃいました。

で、それから・・・

ブルーベリーが食べたくて

ブルベリー入りの焼き菓子が食べたくなって、
作ってみました

008_20071214220827.jpg


ヨーグルトポムポムの生地で、中身をブルベリーにしてみました。
甘さ控え目にしたので、
食べるときに、ホイップした生クリームを添えてみました。
おいしかった

まだ何も準備していないのですが、
クリスマスももう少しですね。
只今のうちの玄関
最近は、静かなクリスマスって感じになっています。
マリアと、ヨセフさん&キリストさまの人形は、
以前、シュタイナーの自主保育をやっているところのバザーで購入しました。
こういう雰囲気、落ち着いて良いですね。
005_20071214221753.jpg


その隣には、サンタさんもいますけどね

006_20071214221833.jpg


コンサート

ご招待のチケットをいただいていた、
クリスマスコンサートに、娘と行ってきました。


001_20071212231600.jpg


オーケストラの演奏で、本格的
曲目は、カルメン、くるみ割り人形、など、聞いたことあるようなものが多く、
指揮者の方が、曲の説明をしてくれたりして、良かったです。

アンダーソンの、プリンク・プレンク・プランクという曲では、
チェロが、楽器を回しちゃったり、
タイプライターという曲では、サンタの格好した方が、
実際にタイプライターを使って演奏したりと、
楽しめる演出も。
">こちらで試聴出来ます

でも、何と言っても、席が、2列目だったので、
全体的な演奏は、見れなかったのですが、
指揮者の方が良く見れて、表情や、息遣いまで感じられてよかったです。
あんなに、曲の中に入っちゃうのね~
悲しい、重々しい場面では、泣きそうな感じ、
たのしいところでは、踊りだしそうな感じ、
でも、そのひとつひとつの動きに、音が合ってついてくるのだから、
気持ちいいのだろうな~と思いました。

やっぱり生は、いいですね
また行きたくなっちゃいました。

ホールの正面に、大きいパイプオルガンがあって、
今度は、あれを聞きたいな~



クリスマス人形のねがい

クリスマス人形のねがい (大型絵本)クリスマス人形のねがい (大型絵本)
(2001/11)
バーバラ クーニー、ルーマー ゴッデン 他

商品詳細を見る


クリスマスに、行く所のない、施設で暮らすアイビーと、女の子の所へ行きたいな~と、願う、
ホリーというお人形。二人のお願い事のお話です。


作者の、ルーマ・ゴッテンは、お人形を主人公にしたお話をいくつか書いています。
どれも、人形自身も生きているように、細やかに描かれています。
そして、どのお話も、ストーリーが、しっかりしているというのか、
いろんなパズルのピースが、かちっかちっと合わさって、最後に完成するような、
そんな気持ち良さが、どのお話にもあります。

このクリスマスんのお話も、アイビー、ホリー、など、それぞれ別々のように思える二人の思いが、次第に絡んでいくところなど、とても、はらはら、わくわくしながら、読んでいけます。
そして、バーバラ・クーニーの絵もきれいです。

絵本としては、長め。
お話の本に、きれいな挿絵がついた本という感じ。
とても素敵な本です。

思っていれば、願いは、叶うんだよね
という気持ちになれます。

変身!!

本日の作品

001_20071210165751.jpg


このリスちゃん(デールかな?)
にぴったりの帽子ができました~

って本当は、これ娘の手袋になるはずだったんです・・・
がんばってみたのですが、指4本まで編んで、はめてみたら、
短い・・・指が・・・
昨日待ち切れずに、娘には、手袋買ってしまったし、もういいや~
ということで、帽子に変身しました
なかなかおしゃれでいいんじゃないの~

LEGOアルバム

以前ホームシューレのホットギャラリーに出した、
LEGOアルバムです。

こんな感じになりました~
001_20071207194549.jpg


サーフィンしてるロボットです。
腰の所が、動いて、ポーズがとれるようにしてました。

只今攻撃中

ウィーンウィーン
ヤッツケロ~~

002_20071206231936.jpg


掃除機嫌いなロボットたち、
只今掃除機攻撃中です  

また、まりーちゃん

こちらも、うちのまりーちゃんなのです。

以前作りますと言ったお人形の服、とりあえず、ようやく完成しました~
ワンピースと、カーディガンです。


001_20071204120341.jpg


お人形のは、小さいから、・・・と思っていましたが、
目も細かいので、思った以上に大変・・・
それに、自分で紡いだ糸を使ったので、
大きさに誤差がずいぶんあったみたい~
カーディガンは、小さく、ワンピースは、大きくなりすぎました。
でも、一応形には、なったので、良しとしてね。

でも、あと、帽子と、靴の注文も・・・・

まりーちゃんとひつじ

まりーちゃんとひつじまりーちゃんとひつじ
(1956/12)
フランソワーズ、与田 準一 他

商品詳細を見る


ひつじのぱたぽんに、赤ちゃんができたら・・・と、どんどん想像をふくらますまりーちゃんと、
みどりのはらっぱと、おひさまだけで充分よというぱたぽんのやりとりが、かわいらしい本です

他もう一遍


ぱたぽんに赤ちゃんが、生まれたら、その毛を売って好きな物が買えるはね。
2ひきうまれたら、3びきうまれたら、と、どんどん夢が膨らむまりーちゃん。
ぱたぽんは、でも、みどりののはらと、きらきらひかるおひさまがあれば、それでいいんですよ
と言います。
そのなんともほのぼのとしたやりとりが、とてもかわいらしくて、
温かい気持ちになります。
絵もほんわかして、かわいいです。

ただちょっと・・・
この本の表紙が、もう一遍入っている『まりーちゃんのはる』の絵になっていて、
しかも泣いちゃっているし・・・
『まりーちゃんとひつじ』のイメージとは、違うので、ちょっとがっかりなのです。

先日、以前とっても刺繍がしたくなり、
このまりーちゃんを刺繍して、手提げにしたのですが、
その刺繍を見て、「これまりーちゃんじゃない?」
と初めて気付いてもらえました。
まりーちゃん知っている方に会うこともあまりないので、うれしかったです~
こちらです
006_20071203172515.jpg

いい音だよ~ & クリスマスツリー

駐車場の裏の木を主人と、娘で切ってくれました。
「いい音するよー」と、
木切れを抱えて運んできて、音を聞かせてくれました。
乾いたようなコンコンという音でした。
いろんな種類の木をたたくと、もっといろんな音がするよねきっと。

002_20071203172501.jpg


その後、子供たちで、ツリーの飾りつけをしてくれました。
小さいけれど、毎年飾り付けするの楽しいみたい。
二人でやってくれるので、助かります。

お母さんもそろそろ玄関をクリスマスバージョンにしないとな~。
まだカボチャです^_^;

009_20071203172448.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。