私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

次から次へと

先々月あたりから、撮りためた映画をちょこっと見たりしていたら、映画館へ行って、見てきたくなりました。

先月は、
「ギリシャに消えた嘘」
「マミー」


先日は、
「馬々と人間たち」

この映画館、好みなのをやってくれてうれしいのですが、
短いのだと1週間、長くても3週間ぐらいで次のに変わってしまうので、
見たいのが重なると大変。

しかも、久々に行ったものだから、
次から次へとチラシを取り…


IMG_0913.jpg

こんなに…

一度気になりだすと、次から次へと見たいものが増えていきます。
あれも見たい、これも見たい。
次は何を見に行こうか?



スポンサーサイト

瞳の奥の秘密

近くのホールでの上映があったので、久しぶりに映画を見てきました。



T0008892p.jpg

瞳の奥の秘密
あらすじはこちらをどうぞ…

サスペンスももちろん最後まで気を抜けないのだけれど、
その中にベンハミンの秘めた思いというのがあって、
その辺があからさまではないけれど、ひそかに流れている感じが余計にハラハラ
瞳が語るのです。

見れて良かった~

義兄弟

ちょっと前になりますが、
すっかり見れないな~とあきらめていた映画が、
近所の映画館でやってるというので、お願い!すぐに戻ってくるから~と
見てきました。


mo7722-l.jpg

 義兄弟 のあらすじはこちらからどうぞ

ソン・ガンホが出てると聞くだけで見てみたい!と思うのですが、
こちらもやっぱり見て良かった。見れて良かった

ソン・ガンホはやっぱり良かったのだけれど、
北朝鮮の工作員役のカン・ドンウォンもいい感じでした。

ハラハラドキドキ、アクションあり、笑いもあり、グッとくる所あり、
やっぱり韓国映画はおもしろい。



冬の小鳥

今年の初映画行って来ました。

昨年終わりぐらいから、見たい映画がいろいろあったのに、なかなか行けず、
どうしても映画行きた~~いとお願いして一人で行って来ました。

息子は どうぞどうぞという感じなのですが、
娘はまだなかなか難しい。
いい時もあるし、嫌な時も。

どうしても行っておかないと後で後悔しそうだったり、行けなかったことを子供のせいにしてしまいそうな時は
子供の様子を見て大丈夫そうな時は、行かせてもらってます。
今回も、もうやっぱりどうしても行かせて~と言う感じで行って来ました。
本当は、行ったからにはもう一つ見たかったのも見せてもらおうと思ったのですが、
それはやっぱり嫌だというので、残念ながらひとつだけ。



冬の小鳥

突然大好きだった父に捨てられ、
絶望の中をさまよいながら少しずつ新たな人生を歩んで行こうとする少女の物語
実際に9歳の頃に養子としてフランスに渡ったウニー・ルコント監督の体験が元になって作られた作品だそうです。

d0179295_20251978.jpg

少女ジニの父親役は、ソル・ギョングがやっているのだけれど、
顔が出てくるのは、ほんの1場面。
お父さんと買い物に行ったり、食事に行ったり、うれしそうにとてもにこやかに過ごす彼女のそばで、
顔の写らない父親。父の背中のぬくもりを感じながら乗る自転車。

だからこそなにもわからずに、養護施設に連れてこられたジニの気持ちが痛いほど伝わってくる。

養護施設の中で過ごし、周りの子は養子に貰われるのを待っているのに、
いつまでも父の元へ帰る。父は迎えに来てくれるはずなのだからという思いを捨て切れずに
かたくなに心を閉ざすジニ。

仲良くしていたスッキが養子に行く事にきまったことや、弱っていた小鳥を育て、その死を見つめることなどから、少しずつ新たな自分の人生へ一歩踏み出して行く決意をするのです。
かたくなに心を閉ざして、固く口を結んだジニの表情、今まで見せなかった笑顔を少し取り戻したジニ。
そんな彼女の表情がとてもいいのです。

最後の方で、ジニを見送る
ちょっと厳しそうな寮母さんの、ことばに出来ない表情。
今までいくつもの出会いや別れを見てきて、どれもが素晴らしい旅立ちだったと思えないこともあったのだろう。
そんな複雑な心の内を表しているようで、ぐっときてしまった。

とてもシンプルなお話だけれど、シンプルだからこそ、
9歳のジニが放り込まれた孤独や絶望や怒りや悲しみがまっすぐに感じられた様な気がした。
そして、だれもが持っているかもしれない強さの様なものを感じました。

ウニー・ルコント監督が以前衣装デザインをやっていたからなのか、
ジニ達の着ている服が手作り風で素朴な感じがかわいかった。


今回行ってみたら、次から次へと見たい映画が目白押しで、
あ~、お願いまた行かせて~という感じでした。
映画って、行きたい時は無性に行きたくなってしまうものなのです。

今回見れなかったハーブ&ドロシー来週までなんだけど… 見たいよ~。







ガガガガ~ン

最近見たい映画がいろいろあったのですが、
やっぱり一人で映画を見に行くというのはなかなか難しかったり、
体調悪かったりで、なかなか行けませんでした。

IMG_8291.jpg

そうこうしているうちに終わってしまったり、もう今週でおしまいとか…。

そんなだったのですが、私好みの映画をわりとやってくれる映画館で、
5回行ったので1回無料というのの期限が迫ってました。
初めに見てから1年以内なので、行けそうだけどやっぱりなかなか行けなくて、今年は娘と行ったのもあったせいか、たまたまたまったという感じ。
せっかくだから行っておかなきゃ!
しかも、期限はもうすぐ。

調べてみたら、ちょうど期限までに見たかった映画の公開がしかも2本立て。
これはなんとしても行かせてもらわなきゃ!
予定を見ると、行ける日も1日しかない。
絶対この日に行かせて宣言をして、すっかり行く気になっていたのですが、
そういえばちゃんと期限を確認してなかった。
多分思ってるのとあってるけど

な~んてスタンプカードを確認したら、

ガガガガ~~ン

なんと確認した前日が期限だったのです。
え~~私の記憶はなんだったの?
昨日行けたかもしれないのに~
あ~なんてことをして待ったんだ~

久々のすご~くがっかりでした。

ちなみに私の見るはずだった2本立て。

瞳の奥の秘密
オーケストラ

あっでも、最終日行けるかな?どうするどうする~?

こちらも見たかった。
義兄弟
黒く濁る村
まだ見れる所あるかな~?