私のすきなもの
わたしのまわりのすきなものたちのこと

京都へ 4

午後は、市内の方へ戻り、

まだ行った事なかった金閣寺へ。

お昼に入ったとり天のうどんがおいしかった。

人も多いし、金閣寺、がっかりするかな~でも、一度は、行っとこうか。
なんて言いながら、行ってみましたが、

IMG_1550 s

あっ、けっこうすごい。
金閣寺。

思った以上にきれいでした。
でも、次が見れなくなっちゃう!
と、速足。

お次は仁和寺
広いです。

IMG_1553 s

こんなのが結構好き。

IMG_1558 s

疲れちゃったので、お茶でもして帰る?
とか言いながら、まだ間に合うかもと、

北野天満宮へ。

IMG_1561 s

いろいろ見て回ってると、意外とゆっくり出来ないものね。
結局時間いっぱいまで動き回った一日でした。




スポンサーサイト

京都へ 3

2日目

修学旅行で行った、宝泉院と、そこへの道が良かったからということで、
大原へ。

夜からの雨が、行く頃には、少し上がって良かった。

IMG_1524 s

道沿いを流れる川。
平日なので、ほとんど人もいなくてすてきな道です。

京都へ 2

ほとんど仕事だった、ゴールデンウィークも終わり、
ちょっと一息。

まだ春だと思っているのに今日は、夏の様な暑さ。

京都へ行ったのも、はるか昔の事となってしまいました。

一日目、
とりあえず、早く行こう!と予約してた飛行機(今回は、いろいろあって、飛行機で京都へ)
家何時に出ればいい?なんて間際で検索したら、ほとんど始発(^^;)
もう少しゆっくりでよかったかも…。
なんて言いながら、無事に京都へ。

今回の目的一番は、娘の舞子さん体験。

清水寺近くだったので、付近を散策しつつ予約時間まで時間つぶし。

そして、念願の舞子さん

IMG_1508 s

後ろ姿だけちょっとね。







京都へ

IMG_1525 s

二月の終わり、娘と京都二人旅してきました。
実際行くまで、いろいろすったもんだしましたが、
無事に、一番やってみたかった舞子さん体験も果たしてきました。

また少し写真UPしようかと思いますが、
とりあえず、二日目、
明け方までの雨が上がって、曇り空のひっそりとした三千院前の雫

10月から、1月に読んだ本

なんだかとっても久しぶり。
写真も撮らないので、なかなか話題がありませんが、無事に日々すごしております。

先日、久しぶりにお昼娘と食べるのに、フレンチトーストを作りました。
前はよく作ってたけど、こんな風にちゃんと作って、お昼をゆっくり食べるってなんだかすごく久しぶりな感じ。
以前は、当たり前とか、ちょっとめんどくさいと思ってたことも、今思うと、宝物の時間だったのね。

すっかり間が開いて、本読んでもなかなか感想書く気力が無かったりしたので、まとめてになりました。
本もなかなか読めないな~。


2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1590ページ
ナイス数:2ナイス


学生時代にやらなくてもいい20のこと学生時代にやらなくてもいい20のこと
読了日:1月13日 著者:朝井リョウ


ベジタリアン・パーフェクト・ブック 作る人のためのベジタリアン・パーフェクト・ブック 作る人のための感想
レストランなど、これからベジタリアン対応も考えたいという方達向けの本ですが、わかりやすく書いてあります。
ベジタリアン向けにするためのレシピのアイデアとか、小技も書いてあって、そこだけほしい。という感じです。

読了日:1月13日 著者:庄司いずみ


「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)感想
感想なかなか書けませんでしたが、かなり面白かった。
選手達の理論的な考えを、なぜそう思うのかとか突っ込みつつもインタヴューして、考える。
まじめなんだけど、おもしろい。
読了日:1月13日 著者:高橋秀実


怒り(上) (中公文庫)怒り(上) (中公文庫)
読了日:1月13日 著者:吉田修一


怒り(下) (中公文庫)怒り(下) (中公文庫)感想
映画を先に見たのですが、けっこう重くて、なかなか読む気になれませんでした。
ほとんど映画どうりでしたが、映画になかった担当した刑事さんの話が結構切なくて良かった。
事件に翻弄される周りの人達の事はわかってくるのに、犯人がなぜこういう事をしたのか、本当はどんな人物なのかは想像するしかない。
本当は何に怒っていたのだろう。
人を信じたいけど、本当に信じるって 難しい。
読了日:1月13日 著者:吉田修一

>三四郎 (集英社文庫)三四郎 (集英社文庫)
読了日:1月13日 著者:夏目漱石

読書メーター